映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

隠し剣 鬼の爪

■隠し剣 鬼の爪
■製作: 2004年日本
■監督:山田洋二
■主演:永瀬正敏
□評価: ☆☆☆ Max=3

幕末の東北庄内・海坂藩の下級武士片桐宗蔵は、母と妹、女中のきえ、下男とで貧しくても明るい生活を送っていた。母が亡くなり、妹は友人に、そしてきえも商家に嫁入りしていった。ある日宗蔵は、きえが嫁ぎ先で虐げられていることを知り、寝込んでいたきえを背負い連れ帰る。きえは宗蔵のもとで元気になるが、女中にてを出したと世間のうわさになり、やがてきえは宗蔵のもとを去っていく。そんな折、江戸で謀反を起こし藩に戻されて投獄されていた、同じ剣の師範についたことのある友人弥市郎が脱獄。宗蔵は、人質をとって立てこもる弥市郎を切るように命じられる…。

名匠・山田洋次監督が『たそがれ清兵衛』から2年、再び藤沢周平の時代劇小説をスクリーンに登場させた。主人公の下級武士に永瀬正敏、身分違いだが憎からず思う女中に松たか子をキャスティング、周りには緒形拳、小林念侍、田中邦衛、倍賞千恵子、吉岡秀隆,小澤征悦などそうそうたる名が連なる。永瀬は殺陣は『たそがれ清兵衛』の真田には負けるものの、清貧の武士をスッキリと演じている。三部作の最新作「武士の一分」のキムタクとは雲泥の差。男女や家族の愛を描いたものだが、細かい人間描写は流石山田監督で、ストーリーの流れも良い。庄内弁のやわらかさ、日本にも未だあんな景色が・・というような風景も見る者に安心感を与える。冨田勲の音楽も作品を引き締めている。
三部作の中では一番の出来と評価したい。

スポンサーサイト
  1. 2007/02/24(土) 20:46:59|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ドリームガールズ | ホーム | たそがれ清兵衛>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moviepark.blog16.fc2.com/tb.php/96-9e02403b

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。