映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

007 カジノ・ロワイヤル

007 カジノ・ロワイヤル
■製作: 2006年アメリカ
■監督: マーティン・キャンベル
■主演: ダニエル・クレイグ
□評価: ☆☆☆  Max=3

暗殺を2回成功させた英国諜報部MI6のジェームズ・ボンドは “00(ダブルオー)”の地位に昇格。最初のミッションとして、国際テロリスト組織を絶つ任務を課せられる。そして、組織の資金源となっているル・シッフルの存在を突き止める。モンテネグロのカジノでポーカーの高額掛金によって資金を稼ごうとするル・シッフルと勝負することにする。カジノでの掛金はもちろんイギリス政府の予算だが、その1500万ドルの監視役として財務省から派遣された美貌のヴェスパー・リンドが現れる。
イギリスの諜報部に属するお馴染みの敏腕スパイ、ジェームズ・ボンドの活躍を描く人気アクションシリーズ第21弾。今度の作品ではでは、殺しのライセンスを持つ“007”になる前から始まっていて、最初の任務でのボンドの活躍を描いている。ピアース・ブロスナンの次の6代目役を巡っては大分物議を醸した末に、『ミュンヘン』に主演のダニエル・クレイグとなったが、スマートなセックスアピールから男臭さのボンドに変わり、それがこれまでにはない人間味につながっていて、大正解だと思う。ボンドガールには『ルパン』で助演した美貌エヴァ・グリーン。大掛かりなセットとスピーディなアクション、ドンデン返しのストーリー、スリルもあって正月映画としては充分に満足した。

スポンサーサイト
  1. 2007/01/03(水) 21:16:13|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<間宮兄弟 | ホーム | ナイロビの蜂>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moviepark.blog16.fc2.com/tb.php/88-ceb437dd

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。