映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ナイロビの蜂

ナイロビの蜂
■製作: 2006年アメリカ
■監督: フェルナンド・メイレレス
■主演: レイフ・ファインズ
□評価: ☆☆☆  Max=3

イギリス外務省一等書記官のジャスティンは、アフリカのナイロビ大使館で働いている。ある日、弁護士で救援活動家の妻テッサをナイロビ空港で見送るが、それが最後の別れになってしまう。テッサは、車で出かけたトゥルカナ湖のほとりで、黒人医師の活動家とともに殺されたのだ。失意のジャスティンであったが、疑念に駆られて真相究明に取り組む。そして、テッサが追っていたものが薬品メーカーによる慈善事業を装った新薬の人体実験であることを突き止める。
『シティ・オブ・ゴッド』のフェルナンド・メイレレス監督が、サスペンス小説の巨匠ジョン・ル・カレが現実にアフリカで起きた事件を題材にした同名のサスペンス小説を映画化。キャスティングは、外交官ジャスティンに「シンドラーのリスト」「イングリッシュペイシェント」で2度アカデミー賞にノミネートされた実力派俳優レイフ・ファインズを、そして美しい妻のテッサには若手演技派のレイチェル・ワイズを配している。レイチェルは、この作品で見事第78回アカデミー賞助演女優賞を獲得した。
題名とポスターからラブ・ストーリーかと思ってみたが、実際にはアフリカの現状をベースに、アフリカを食い物にする者と貧しい人々の差、その中での夫婦愛という、重いテーマを持った社会派映画。それだけにストーリー、内容とも充実していて映画らしい映画。しかし、休日に過程のDVDで見るには、気分的に少ししんどいかもしれない。
なお、原題は「The constant gardner」で、邦題は「ナイロビの蜂」。これは、劇中の製薬会社の名「スリー・ビーズ(three bees)」から取ったのだろう。

スポンサーサイト
  1. 2006/12/16(土) 21:41:23|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<007 カジノ・ロワイヤル | ホーム | ファイアウォール>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moviepark.blog16.fc2.com/tb.php/87-7df0c18e

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。