映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ウェザーマン

ウェザーマン
■製作: 2005年アメリカ
■監督:ゴア・ヴァービンスキー
■主演: ニコラス・ケイジ
□評価: ☆☆  Max=3

デイヴは、地方のテレビ局でお天気キャスターで、1日2時間勤務で24万ドルを稼ぎ出す男。幸せな家庭を築いたはずなのだが、妻とは性格の不一致で離婚。学校の送り迎えをする子どもたちともギクシヤクし、自分から離れていく前妻と子供たちに落ち込んでいる。そして、ピューリッツァー賞などに輝いた著名な作家を父親からも信頼を得られない。街を歩けば、局長から付けられた”名前”のせいで、ファーストフードを投げられる日々。だが人生最高の夢である、ニューヨークの全国ネットへの進出を叶えようと立ち上がった。

『パイレーツ・オブ・カリビアン』のヴァービンスキー監督と『ナショナル・トレジャー』のニコラス・ケイジが主演として組んだ作品。静かな音楽が流れる中、淡々と進んでいくストーリーで、感激するシーンがあるわけでもなく、かといって涙の出ることもない。ただ、この暗い男が直ぐ近くに、あるいは自分自身の心の中にいるようなそんな存在に思え来るのは、やはり、ヴァービンスキーの"価値ある人生"の意味を問う技か。
父親の「人間の人生はクソみたいなもんだ。 理想を叶える為には、何かを犠牲にして、捨てなきゃいけないんだよ。」 という言葉は妙にピッタリ来る。

スポンサーサイト
  1. 2006/09/02(土) 13:49:45|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<パトリオット | ホーム | ミュンヘン>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moviepark.blog16.fc2.com/tb.php/78-1cd405af

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。