映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大脱走 コルディッツ収容所

■大脱走 コルディッツ収容所
■製作: 2005年 イギリス
■監督: スチュアート・オーム
■主演: ダミアン・ルイス
□評価: ☆☆  Max=3

第二次世界大戦中、英国兵士捕虜のジャックとマクグレイドは他の仲間とともにドイツ軍の収容所を脱走。ジャックは恋人のリジーに会いたい一心だが、マクグレイドは捕虜生活から抜け出ることが目的だった。途中でジャックや仲間は独軍に捕らえられてしまうが、ひとりマクレイドは列車に飛び乗り成功する。ジャックの収監先は、脱走が絶対に不可能な厳戒体制にある「コルディッツ城収容所」。ジャックは恋人に逢うため、脱獄を何回も企てる。一方、マクグレイドはジャックの恋人リジーに会うが、彼女の美しさに惹かれてしまう。

本物のコルディッツ城で撮影され、歴史描写も緻密で、迫力ある脱獄劇映画に仕上がっている。何回も登場する脱獄シーンもそれぞれ面白く、また恋愛を絡めたストーリー立ては184分という長編だが、飽きさせない。ダミアン・ルイスだが、何となくオーソン・ウェルズに似ているのでは?

スポンサーサイト
  1. 2005/11/12(土) 17:17:12|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<さよなら、さよならハリウッド | ホーム | ALWAYS 三丁目の夕日>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moviepark.blog16.fc2.com/tb.php/51-495a5a85

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。