映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

四月の雪

aprilsnow2.jpg四月の雪
■製作: 2005年 韓国
■監督: ホ・ジノ
■主演: ぺ・ヨンジュン
□評価: ☆☆  Max=3

ソウルのコンサート製作会社で、照明チーフとして働くインスは、仕事中に妻が交通事故のため救急病院に運ばれたという電話を受ける。現場を離れ、雪の中を車で4時間、東海岸の小さな町の病院に着く。手術室の前には、夫の事故の知らせを受けて駆けつけ、悲しみに耐える女ソヨンが居た。運ばれたふたりは同じ車に乗っていての事故で、次々に伴侶の裏切りの証拠がでてくる。悲しみは裏切られた憎しみに変わり、やりきれない絶望感に変わる。誰にも言えない苦しみを共有するインスとソヨンは、次第にお互いの存在に癒され、心惹かれていく。

監督は「八月のクリスマス」のホ・ジノ。ペ・ヨンジュンの甘さと繊細さ、楚々としたソン・イェジンの持ち味をよく引き出している。
ペは、韓国映画の主人公には珍しい照明技師に扮し、傷つき、悩み、苦しみ、躊躇いながらも人妻に惹かれていく姿を演じ、いわゆるヨン様のイメージとは違う。
ソンは「ラブストーリー」などの清純なイメージから、ベッドシーンもある成熟した女性へと変身し、悲しみと欲望という裏腹の感情を良く演じている。
ストーリー自体は単純だが、それだけにゆっくりと流れる時間と感情の存在が画面に出ている。音楽も煩くなくて良い。盛り上がりが少ないという点で少々マイナスだが、辛過ぎるかも。

スポンサーサイト
  1. 2005/09/17(土) 15:00:53|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2
<<ビッグ・バウンス | ホーム | ローレライ>>

コメント

チラシも

綺麗ですね~~♪
うちの叔母がヨン様のファンで~
自分の部屋にポスターがたくさんありました♪
また新たな魅力に世の奥様達は夢中になるでしょうね♪
韓国の映画にしてもドラマにしてもは 話は単純な
よくありがちなストーリーなんだけど
なんであんなに引き込まれるんでしょうね(*^▽^*)
  1. 2005/09/19(月) 22:20:23 |
  2. URL |
  3. ぽろん #s.Y3apRk
  4. [ 編集]

今までとは違う ヨン様

この映画・・・プロモーションに力が入ってるみたいですね
今朝TVで初日のことなのかはわかりませんが~~
日比谷のスカラ座に手形があるらしくて だいぶ列ができてました。
ファンの人には また新たなヨン様の表情にくぎ付けなんでしょうね(*^_^*)
ストーリーが単純だと 表現が更に難しいかもしれませんね
  1. 2005/09/19(月) 21:51:34 |
  2. URL |
  3. ももきち #L.dXA2mM
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moviepark.blog16.fc2.com/tb.php/45-d829aac1

四月の雪 評価額・650円

●四月の雪をTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 コンサート会場の照明ディレクターを務め
  1. 2005/09/18(日) 00:54:58 |
  2. Blog・キネマ文化論

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。