映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

ローレライ

lorelei.jpg■ローレライ
■製作:2005年 日本
■監督: 樋口真嗣
■主演: 役所広司
□評価: ☆  Max=3

1945年8月、ドイツ降伏後日本海軍に収容された戦利潜水艦「伊507」。海軍軍令部作戦課長の浅倉大佐は、この艦の艦長に名艦長で今は閑職にある絹見少佐を任命し、原子爆弾を積んだアメリカ輸送艦の撃沈を命ずる。伊507にはドイツ軍が開発した特殊兵器「ローレライ・システム」が搭載されているらしいが、その全貌は軍属技師高須にしか知らされていなかった。広島と長崎に原爆が投下されたとほぼときを同じくして、ローレライを艦ごとアメリカに引き渡そうとする高須一味が艦内で叛乱を起こす。そして3発目の原爆を積んだB-29が、東京を目標に南太平洋上の島で出撃準備をしていた。その出撃阻止のため、ローレライを搭載した伊507は、テニアン島に向けて進んでいく。

福井晴敏原作の「終戦のローレライ」を映画化したものだが、内容としては「亡国のイージス」と非常によく似通っている。ただ、ローレライという少女が第二次世界大戦さなかの艦に乗っていたり、そのシステムも仮にタイムスリップしたとしても空想的に過ぎたりで、SFやフィクションとして見ても話の中に入りきれない(これは原作の問題かも知れないが・・・)。また、実写が少なく、CGも安っぽく今一歩で、役所や妻夫木の好演も光らない。「亡国・・」に比べると評価は当然低くなる。


スポンサーサイト
  1. 2005/09/10(土) 20:50:46|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<四月の雪 | ホーム | 天国の本屋~恋火>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moviepark.blog16.fc2.com/tb.php/44-3f78755b

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Search