映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

アビエイター

aviator.jpgアビエイター
■製作:2004年 アメリカ
■監督:マーティン・スコセッシ
■主演: レオナルド・ディカプリオ
□評価: ☆☆  Max=3

映画監督とともに飛行機製作家の若き富豪ハワード・ヒューズは、映画『地獄の天使』の製作に莫大な予算をつぎ込み成功させる。監督した映画のためには妥協を許さない破天荒な行動とキャサリン・ヘップバーンなどと女優との浮名を流し、映画界の寵児となる。航空会社を買収し、軍用飛行艇ハーキュリーズの開発に乗り出すが、新型偵察機のテスト飛行中に自ら操縦桿を握って墜落し重傷を負ってしまう。そして戦争の終結とともに空軍からハーキュリーズの契約を取り消され、軍用資金横領の疑いで聴問を受けることになる。そんなヒューズの内面では、完璧を追求する性格もあり、精神を侵されていく。

ディカプリオ製作・主演、マーティン・スコセッシ監督作で2005年度アカデミー賞最多5部門に輝く作品。常に強気で映画と飛行機作りに突き進み、恋愛・精神病に悩む青年実業家ヒューズを演ずるディカプリオは凄みさえ感じさせる。そして、20年代のアメリカを背景にヒューズという人間をスクリーンに炙り出すスコセッシ監督の才能と技はさすがである。
しかし、3時間を飽きさせずというには、ストリーにもう少し盛り上げがあってもいいのではないかと思う。


スポンサーサイト
  1. 2005/08/27(土) 09:17:20|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<天国の本屋~恋火 | ホーム | シンデレラマン>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moviepark.blog16.fc2.com/tb.php/42-9e517a60

アビエイター

アビエイターレオナルドディカプリオ様のアカデミー賞ノミネート作品です。はぁ・・・映画で見たかったのですが行くタイミングが合わず結局レンタルDVDにて観ました。まずはレオの演技の感想。中には皮肉なのか絶賛??なのかレオの演技を「怪演」と言う人もいるけれど、
  1. 2005/08/27(土) 23:54:47 |
  2. Rudy's Kitchen

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Search