FC2ブログ


映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

空飛ぶタイヤ

■製作:2018年 日本
■監督:本木克英
■主演:長瀬智也
□評価:★★★ Max=3

ある日、赤松徳郎が社長を務める赤松運送の大型トレーラーが脱輪事故を起こす。警察は、ホープ自動車から整備不良の報告を受け、同様の判断をする。赤松運送は、世間からもバッシングを受け仕事も減る中、赤松も一時は若い社員による不備と断定する。しかし、その社員が独自に細かい整備点検内容をノートに記録していることを知り、車両自体の欠陥という確信を持つに至る。
赤松は、製造元のホープ自動車カスタマー戦略課課長・沢田に再調査を要求する。しかし、返答はのらりくらりで一向に回答してこない。事故原因調査の要であるハブはホープ自動車が預かったままで、返却を何度申し込んでも赤松の手元には戻って来なかった。
一方、ホープ自動車は系列のホープ銀行に借り入れの増額を要求するが、銀行の本店営業本部・井崎は自動車から提出された経営計画に疑問を抱き、社内の友人達を相手に調査を開始する。
そして、赤松と沢田のそれぞれが突き止めた先には、ホープ自動車の二回目のリコール隠しがあった。

『鉄の骨』『半沢直樹』『下町ロケット』『陸王』などで企業の裏側を描いてきた池井戸潤の同名小説を、「超高速!参勤交代」シリーズの本木克英がガメガホンをとり、長瀬智也主演で映画化。ディーン・フジオカ、高橋一生、深田恭子、寺脇康文、小池栄子ら主役級のオールスターばりの豪華キャスティングで周りを固めている。
原作は三菱自動車の2000年のリコール隠し発覚の後に起きた大型車のハブ破損事故による横浜母子3人死傷事故(母親が死亡)に着想を得たと言われ、本作品でも、巨大大手自動車メーカーのコンプライアンスの問題に鋭く迫っている。
映画では、登場人物が40名程と多い上に複雑に絡み合い、しかも早いストーリー展開で最後まで一気に駆け抜け、あっという間の120分だった。
原作の文庫本は上下巻で900ページの大作で、主人公の息子の学校生活やそれにからむ家庭やPTAなどにかなりのページを割いているが、映画ではそれを1・2シーンだけに止めて、早い展開に見手が付いて行き易くしている。

日頃、映画は専らテレビで楽しんでいるが、今回は待ちきれずに映画館に足を伸ばした甲斐があるエンターテイメントだった。
スポンサーサイト
  1. 2018/06/30(土) 21:20:41|
  2. 映画寸評
  3. | コメント:0
| ホーム | DESTINY 鎌倉ものがたり>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
10 | 2018/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。