映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

ナミヤ雑貨店の奇蹟

■製作:2017年 日本
■監督:廣木隆一
■主演:山田涼介、西田敏行
□評価:★★☆ Max=3

共に養護施設出身で幼馴染の敦也・翔太・幸平の三人は、2012年のある夜、強盗に入った後で夜を明かすため「ナミヤ雑貨店」の看板のある一軒の廃屋に忍び込む。その店はかつて歳をとった店主の浪矢雄治が町の人の悩み相談を手紙で受け、手紙で返信することで知られていた。
当然現在では店は廃業しているのだが、深夜にシャッターの郵便口から手紙が落ちてきた。その手紙は、32年前1980年に書かれた悩み相談で、郵便口はその時点と繋がっていた。敦也たちは困惑しながらも、当時の浪矢店主に代わって返事を書くことにする。そして、返事の置き場所として決められている牛乳箱の中にそれを入れた。そうすると、また手紙が投函される。
次第に三人が育った養護施設と店主浪矢の関係が明らかになってくる。

800万部を超える東野圭吾の同名小説を、「余命1ヶ月の花嫁」の廣木隆一監督が映画化。古い雑貨店を舞台に、悩み相談を受ける老店主と養護施設育ちの若者3人との時空を超えた交流を描いた一夜のファンタジー。
主演は、敦也役に「Hey! Say! JUMP」の山田涼介、店主役に西田敏行。準主演は、翔太役の村上虹郎(俳優の村上淳の息子)、幸平役の寛一郎(俳優の佐藤浩市の息子)。その他に、尾野真千子、萩原聖人、門脇麦、林遣都、成海璃子などが共演している。
現在と過去が手紙でつながる時空を超えてのストーリー仕立てだが、それ故にあちこち飛んで分かり難い(原作を読んでなくて申し訳ないが)。また、これは致し方ないのだが、敦也・翔太・幸平役の若い三人だけのシーンの芝居にわざとらしさが見え、西田や萩原などベテラン俳優との演技力を見せ付けられた。更に、雑貨店のセットや大道具が少々雑に思えた。

スポンサーサイト
  1. 2017/10/09(月) 21:02:33|
  2. 映画寸評
  3. | コメント:0
| ホーム | 三度目の殺人>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Search