映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フライト

フライト
■製作:2012年アメリカ
■監督:ロバート・ゼメキス
■主演:デンゼル・ワシントン
□評価:★★☆ Max=3

ウィップ・ウィトカー機長が乗り込んだジェット旅客機は、フロリダ州オーランド国際空港からアトランタに向かって飛び立った。操縦技術には自信がある彼は、激しい乱気流に遭遇しても一流の技術を駆使して切り抜け、副操縦士に任せて一眠り。
だが、ジェット機は突然急降下を始めてしまう。そして機体は制御不能となり、ウィトカーはあらゆる手段で速度を落とそうとするが、降下が止まらない。最終判断として、ウィトカーは背面飛行することを選択し、決行する。その結果、高度は水平に保たれ前方に草原が現れる。胴体着陸に成功して、乗客乗員102名のうち96名が生還をするという奇跡の着陸だった。ウィトカーは一夜にして国民的英雄となるが、脳震とうなどで意識のない中で採取された血液からアルコールとコカインが検出されたことから、事故調査委員会は彼に過失致死罪の適用を検討していた。

「フォレスト・ガンプ」でアカデミー監督賞のロバート・ゼメキス監督が、「トレーニング デイ」アカデミー主演男優賞のデンゼル・ワシントンを主演に迎え、名優・名監督のコンビで描くスペクタクルなヒューマンドラマ。この作品も、第85回アカデミー賞で主演男優賞、脚本賞にノミネートされた。
他のキャストは、弁護士を「アイアンマン」シリーズのドン・チードル、恋人を「ファイター」でアカデミー助演女優賞のメリッサ・レオ、友人を「アーティスト」のジョン・グッドマンなど豪華。
旅客機の緊急着陸を成し遂げ一躍ヒーローとなった主人公が、飲酒操縦の疑いで糾弾される側となった機長の苦悩を描いている。アクロバティックな飛行と事故のシーンが圧巻だが、内容はアル中の機長の真実(善)とウソ(悪)の間で悩むヒューマンドラマと言える。デンゼル・ワシントンのファンには必見の作品ではないだろうか。
スポンサーサイト
  1. 2014/02/11(火) 18:38:10|
  2. 映画寸評
  3. | コメント:0
<<それでも夜は明ける | ホーム | 小さいおうち>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。