映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マネーボール

マネーボール
■製作: 2011年アメリカ
■監督: ベネット・ミラー
■主演: ブラッド・ピット
□評価: ★★☆   Max=3

元プロ野球選手のビリー・ビーンは、アスレチックスのゼネラルマネージャー(GM)に就任する。貧乏球団のアスレチックスは、優秀な選手は雇えず、逆に有望選手を他球団に引き抜かれ、成績は低迷したまま。ビリーは、ある時イェール大出身でデータ分析に長けた25歳のピーター・ブランドと出会う。そして、二人は統計データを駆使して選手の将来的な価値を予測し、低予算で強いチームという「マネーボール理論」を作り上げる。
しかし、この理論にもどづく基ずく改革は、古株のスカウトマンや監督のみならず選手からも反発を買ってしまう。この中、ビリーとピーターは揺るぎない信念のもと、将来価値が高い控え選手の出番を作るためにレギュラー選手たちをトレードに出すなど独自のマネジメントを強行していく。

メジャーリーグ「オークランド・アスレチックス」の実在のGM:ビリー・ビーンの半生を、ブラッド・ピット主演で映画化。メジャーリーグの常識を打ち破った「マネー・ボール理論」により、常勝球団に育てあげた型破りな男の奮闘を描く。
監督は「カポーティ」のベネット・ミラー。共演のピーターには、今作でゴールデン・グローブ賞の助演男優賞にノミネートされたベネット・ミラー。その他フィリップ・シーモア・ホフマンやロビン・ライトなど実力派が競演している。
実話に基づくベストセラー書を映画化だけあって、本物の選手や名前が出てきてリアルなものとして見ることができる。ストーリー展開も、「シンドラーのリスト」のスティーブン・ザイリアンと「ソーシャル・ネットワーク」のアーロン・ソーキンが脚本を担当とあって、サクセスストーリーだがスリルも楽しめる
スポンサーサイト
  1. 2012/04/30(月) 07:41:41|
  2. 映画寸評
  3. | コメント:0
<<キツツキと雨 | ホーム | 神様のカルテ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。