映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

おかえり、はやぶさ

おかえり、はやぶさ
■製作: 2012年日本
■監督: 本木克英
■主演: 藤原竜也
□評価: ★☆☆   Max=3

2003年5月9日、小惑星イトカワのサンプルを採取して地球に持ち帰えろうと、小惑星探査機「はやぶさ」が打ち上げられた。そのプロジェクトメンバーの一人JAXAのエンジニア助手の大橋健人は、失敗した火星探査機「のぞみ」のプロジェクトを率いた父への想いを胸に、毎日を忙しく過ごしていた。
しかし、イトカワの近くまで順調に飛行していた「はやぶさ」は、着陸してからラブルに見舞われる。
エンジンからの燃料漏れ、四つのメインエンジンの全停止などを必死の努力で復旧対応したのもつかの間、通信が断絶し宇宙のどこかに消え行方知れずになってしまう。マスコミは「はやぶさ」の失敗を報道して、いつしか人々の記憶から去り始めたある日、しつこく行方を捜していた野辺山にある追跡センターが、「はやぶさ」の微弱電波を捉える。

三社競作企画映画“はやぶさ”の松竹版。60億キロ約7年におよぶ宇宙の旅でイトカワのサンプルを持ち帰るという快挙を達成した「はやぶさ」の挑戦を、エンジニアの視点を通じて描いた作品。
監督は、『釣りバカ日誌』シリーズや『犬と私の10の約束』の本木克英。
メインのエンジニア助手を『DEATH NOTE デスノート』『カイジ』シリーズの藤原竜也が熱演。助演の女性メンバー役の杏もしっかした演技を見せている。その他、共演は三浦友和、大杉漣、中村梅雀、豊原功補、宮崎美子、森口瑤子などベテラン芸達者たち、お笑い界からカンニング竹山、ココリコ田中直樹、まえだまえだの前田旺志郎など名前の売れた布陣を敷いている。

しかし、ドラマ部分があまりに陳腐なのと、図形入りでの説明や子どもにナレーションもあるのとで、ヒューマンストーリーなのか科学映画なのか、どっち着かずの中途半端な出来となってしまった。
たたし、冨田勲の音楽は耳障りでなく、シーンぴったりと来るのはさすがだ。
スポンサーサイト
  1. 2012/03/23(金) 15:47:47|
  2. 映画寸評
  3. | コメント:0
<<神様のカルテ | ホーム | ALWAYS 三丁目の夕日64>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Search