映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

天国への郵便配達人

天国への郵便配達人
■製作: 2009年韓国・日本合作
■監督: イ・ヒョンミョン
■主演: ジェジュン、ハン・ヒョジュ
□評価: ★★☆  Max=3

天国に居る亡くなった人たちへの手紙を入れる赤いポストが、広い野原にポツンと立っている。そのポストに手紙を投函しに来た若い女性ハナは、ポストの中に溜まっていた手紙をバッグに詰め込む青年ジェジュンに出会う。彼は、亡くなった人たちに手紙を届ける「天国への郵便配達人」だという。そして、ハナに時給2万ウォンで天国からの返事を配達するアルバイトをしないかと誘うが、話を信じることのできないハナは、気が狂っていると思い、断ってしまう。
しかし、割の良いアルバイトを探している彼女は、悩んだ末に誘いに乗ることにし、親しい人を亡くし懐かく思う人たちに、天国にからの返事の手紙を配達し始めるのだった。

日本人脚本家と韓国のスター俳優がタッグを組む、日韓共同ドラマプロジェクト「テレシネマ7」シリーズの1作のファンタジー・ドラマ。脚本はTVドラマ「ロングバケーション」の脚本や「ハルフウェイ」の監督として日本で活躍する北川悦吏子が書き下ろした。メガホンは、韓流ドラマ「ごめん、愛してる」などを手掛けたイ・ヒョンミンが取っている。

主演は、映画初主演の東方神起:ジェジュンと「春のワルツ」「華麗なる遺産」のハン・ヒョジュの二人で、感情の起伏が激しいハナをハンが好演している。

物語は、天国にいる人たちに手紙を届け、返事を届けるという、残された人と死者を繋ぐ仕事を描いたものだが、美しい風景もあり、切なくて優しいファンタジーに仕上がっている。また、脚本の北川が自ら字幕を担当しているだけに、自然でありながら美しく、ぴったりとくる。

スポンサーサイト
  1. 2011/08/28(日) 09:33:19|
  2. 映画寸評
  3. | コメント:0
<<連理の枝 | ホーム | ツリー・オブ・ライフ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
10 | 2017/03 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。