映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ツリー・オブ・ライフ

ツリー・オブ・ライフ
■製作: 2011年アメリカ
■監督: テレンス・マリック
■主演: ブラッド・ピット
□評価: ☆☆☆  Max=3

老年に差し掛かったジャックは、建築家としては父親の期待通りそれなりに成功しサンフランシスコで暮らしている。生活は豊かだが、その心は憂いあふれ晴れることはなく、思い出すのは子供時代のことばかりだ。
1950年代半ばのテキサスの小さな町、オブライエン夫妻は3人の息子に恵まれ、満ち足りた生活を送っていた。父親は、西部男らしく子どもたちに厳しく接し、中でも長男のジャックには特に厳しい躾で臨んだ。一方美しい母親は、どんな時でも子供たちの味方となり、すべての愛情を注ぎ込んでいた。一見幸福そうな家族の中で、ジャックは厳格な父親と優しい母親との間で、徐々に孤独を感じるようになる。

「天国の日々」「シン・レッド・ライン」のテレンス・マリック監督が、ブラッド・ピット、ショーン・ペンを主演に、神様の偉大さと人間の小ささを描いたというファンタジー。
二大スターの共演、カンヌ映画祭でパルムドール賞の作品だけに期待して見たのだが、哲学的・宗教的な映像と音楽・讃美歌に終始し、まったく受け付けない作品だった。タイトルの「The Tree of life」は旧約聖書に登場する“生命の樹”の意味だそうだが、キリスト教徒ではないので、見た後に爽快感も感動も残らず、異様で気味の悪い映画を見てしまい、ブログ初めての評価ゼロを付けた。
スポンサーサイト
  1. 2011/08/16(火) 14:37:50|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<天国への郵便配達人 | ホーム | ゴースト もういちど抱きしめたい>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moviepark.blog16.fc2.com/tb.php/249-8585d424

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。