映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ゴースト もういちど抱きしめたい

ゴースト もういちど抱きしめたい
■製作: 2010年日本
■監督: 大谷太郎
■主演: 松嶋菜々子
□評価: ★☆☆  Max=3
会社を経営している星野七海は、多忙な日々を送っているが、ある晩酔って休んでいた公園で、韓国人青年ジュノと出会う。飲み過ぎの七海が翌朝目覚めると、そこはジュノの部屋のベッドの中だった。平手打ちをして部屋を出たものの、陶芸家志望のジュノのことが気になり始める。七海はありのままの自分を受け入れてくれる優しさに惹かれ、ジュノと運命的な恋に落ちる。
二人は、森の教会を訪れて結婚式をあげて、ジュノの部屋で新しい生活をスタートさせる。そんな二人の幸せな生活は、七海が帰宅途中にバイクに乗ったひったくりに襲われ、頭を打ち命を落としてピリオッドを打つ。しかし、七海の魂は天国へ行くことを拒んで、ゴーストとなってジュノの傍に留まるのだった。

1990年に、デミ・ムーアとパトリック・スウェイジが演じ大ヒットした『ゴースト/ニューヨークの幻』を、『ごくせん』、『銭ゲバ』などのテレビドラマの演出家 大谷太郎がメガホンをとって、現代の日本に移してリメイク。

突然命を奪われた女性が、ゴーストとなって愛する人の近くで相手を思い続けるという悲恋を描いたラブストーリー。主演の二人を『眉山 -びざん』の松嶋菜々子と、『秋の童話』『宿命』の韓国のトップスター ソン・スンホンが演じている。共演は、樹木希林、鈴木砂羽、芦田愛菜、宮川大輔など。
オリジナル版がレベルの高い作品だったので、それを超えろとは言わないが、ゴーストを男性から女性に変えてなぞっただけという感じは否めない。愛情表現も臭くてこそばゆくなる。全体的に韓流ドラマをみている様で、日韓両スターの配役にこだわり過ぎた感じがする。
そんな中で、ゴーストの声を伝える霊媒師役にウーピー・ゴールドバーグや樹木希林と、病院に居る子供のゴースト役の芦田愛菜は熱演だった。
スポンサーサイト
  1. 2011/08/06(土) 08:35:32|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ツリー・オブ・ライフ | ホーム | ウォール・ストリート>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moviepark.blog16.fc2.com/tb.php/248-b92d71f3

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。