映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

アンダルシア 女神の報復

アンダルシア 女神の報復
■製作: 2011年日本
■監督: 西谷弘
■主演: 織田裕二
□評価: ★★★  Max=3

スペインとフランスに挟まれた冬の小国アンドラで、川島という日本人投資家の遺体が発見され、インターポール捜査官の神足が事件を担当することになる。国際会議の準備でパリに居た外交官の黒田康作も密命をおびて調査に乗り出す。だが、神足は捜査情報を黒田に明かさず、捜査から手を引くように迫った。
遺体の第一発見者であるビクトル銀行の行員の新藤結花は多くを語ろうとせず、何者かに狙われるようになる。結花の保護のために黒田同僚の安達が駐在するバルセロナ日本領事館には車で向うが、武装グループから襲撃される。
黒田は、知り合いのジャーナリスト佐伯と会い、国際テロ組織によるマネー・ロンダリングがその背景にあるとの情報を得て、投資家川島との関連について調査を進める。一方、神足は銀行のブローカーがアンダルシアで巨額の不正融資を行なっているとの情報をつかむ。

真保裕一「アンダルシア」を「容疑者Xの献身」の西谷弘監督が、前作「アマルフィ 女神の報酬」に続きメガホンをとった外交官黒田康作が活躍するサスペンス作品。主演はこの黒田役がはまり役となった織田裕二、共演は「ヤマト」の黒木メイサ、「海猿」の伊藤英明。他に戸田恵梨香、福山雅治、鹿賀丈史、谷原章介、夏八木 勲 など豪華顔ぶれが揃った。
バルセロナでのカーアクション、真相が分かるようで分からないストーリー展開で、静と動の使い分けが上手い。また、前作に続き「TIME TO SAY GOODBYE」のテーマ曲もぴったりしている。そして何より、イベリア半島のアンドラ、バルセロナ、アンダルシア地方のロンダなどで撮影された映像が美しく、カメラワークも見応えがある。上映時間は125分だが、これを感じさず、前作「アマルフィ」を凌ぐ出来だ。
スポンサーサイト
  1. 2011/07/09(土) 15:09:52|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<ウォール・ストリート | ホーム | アンストッパブル>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moviepark.blog16.fc2.com/tb.php/246-4a51399f

プリンセス トヨトミ 綾瀬はるか 映画の胸揺れシーン動画!必見!

綾瀬はるか プリンセス トヨトミ の動画や過去ネットで話題騒然の盗撮映像発掘!
  1. 2011/07/09(土) 21:35:44 |
  2. プリンセス トヨトミ 綾瀬はるかのおっぱい動画!

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Search