映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

英国王のスピーチ

英国王のスピーチ
■製作: 2010年イギリス、オーストラリア
■監督: トム・フーパー
■主演: コリン・ファース
□評価: ★★★  Max=3

1925年、国王ジョージ5世の代理として次男のヨーク公アルバート王子は大英帝国博覧会閉会式で、演説を行う。しかし、幼い頃からの吃音症の為に散々な結果に終わる。これまでにも吃音を克服すべく、何人もの言語聴覚士の治療を受けたものの改善はされていなかった。
そんな夫を心配する妻エリザベスは、スピーチ矯正の専門家というオーストラリア人ライオネルの存在を知り、夫の治療をまかせることにする。ライオネルはアルバート王子に対しても治療中は対等あることを求め、今までに無い変わった治療を施していく。
そんな中、国王が死去する。即位した兄エドワード8世は、王室として認められない離婚暦のある女性との結婚を希望し、突如王位を返上し退位してしまう。アルバートは、吃音のコンプレックスから内向的な性格で、ジョージ6世と名乗るようになっていた彼が最も望まない王位を継承をしなければならなくなる。

幼い頃から吃音に悩まされた現イギリスのエリザベス女王の父ジョージ6世の実話を『シングルマン』のコリン・ファース主演でトム・フーパーがメガホンを取って映画化。スピーチ矯正の専門家にジェフリー・ラッシュ、エリザベス妃にヘレナ・ボナム・カーターが共演している。トロント国際映画祭で最高賞受賞、第83回米アカデミー賞で作品、監督、主演男優、脚本賞4冠を達成をしたのは記憶に新しい。
吃音から弱みや欠点を抱える王子と言語療法士との友情とも呼べる信頼関係と、夫を支える妻や子どもとの絆が実話ならではの展開で上手く描かれている。派手なアクションやCGがある訳ではないが、時代考証などもしっかりしていて、何よりもメインキャスト3人の演技が素晴らしい。
ここ数年では、一番印象に残る作品で、自信を持って人に薦められる傑作だ。
スポンサーサイト
  1. 2011/05/06(金) 21:53:53|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<アンストッパブル | ホーム | 奇跡>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moviepark.blog16.fc2.com/tb.php/244-a7ee5da4

吃音(どもり)で苦しむのはもう終わりにしませんか?

6週間以内に吃音(どもり)を克服し、不安のない人生を手に入れられる、これまで300名以上の吃音者に支持されてきた特別なプログラムをあなたにお教えします。
  1. 2011/05/09(月) 07:31:03 |
  2. 吃音(どもり)完全克服プログラム

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
10 | 2017/03 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。