映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

クレイジー・ハート

crazy heartクレイジー・ハート
■製作: 2009年アメリカ
■監督: スコット・クーパー
■主演: ジェフ・ブリッジス
□評価: ★★★  Max=3

57歳のバッド・ブレイクは、カントリー・ミュージシャンとして一世を風靡したものの、今では落ちぶれて、どさ周りの仕事をする日々だった。弟子だったトミーがトップ歌手として活躍するする一方で、バッドは結婚と離婚を繰り返し、アルコールに溺れて依存症になっていた。
ある日バッドは街のバーでピアノを弾く老人から、ジャーナリストをしている娘のインタビューを受けて欲しいと頼まれ、OKをする。やがて、シングルマザーの記者ジーンが自宅に訪ねてくる。そして二人は愛し合うようになり、彼女の4歳の一人息子と三人で日々を過ごすようになる。そして、バッドに作曲の依頼が来るなど、生活が変わっていくが・・。

トーマス・コッブの同名小説を、これが監督デビューとなるスコット・クーパーが映画化し、主演のジェフ・ブリッジスと主題歌の「The Weary Kind」が高く評価された感動のヒューマンドラマ。
ジェフ・ブリッジスは、ハリウッドで最も過小評価されている俳優とも言われたが、5回目のノミネートで第82回アカデミー賞で主演男優賞を受賞した。作品は、同時に主題歌賞も受賞した。ゴールデン・グローブ賞でも同様にドラマ部門主演男優賞と主題歌賞を獲得している。
ジェフが落ちぶれたアル中の老シンガーになりきった演技で、オスカー受賞も頷ける。助演は記者ジーン役のマギー・ギレンホール(「ダークナイト」などに出演)だが、彼女の好演も光っていて、ジェフの受賞には彼女の演技があってからこそと感じた。
アメリカンミュージックが心地よく、派手なアクションシーンやベタベタとした愛憎劇があるわけでもないが、「映画」を見せてくれる。
スポンサーサイト
  1. 2010/12/18(土) 11:02:57|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<西の魔女が死んだ | ホーム | 小さな命が呼ぶとき>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moviepark.blog16.fc2.com/tb.php/233-af45c009

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。