映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

食堂かたつむり

■食堂かたつむり
■製作: 2010年日本
■監督: 富永まい
■主演: 柴咲コウ
□評価: ★★☆  Max=3

インド人の彼氏と暮らす倫子は、ある日彼氏に祖母から伝わるぬか床以外を持ち逃げされてしまう。倫子は、そのショックから心因性の失語症になってしまい、生まれ育ったおっぱい山の麓の小さな町に帰ってくる。そして、折り合いが悪いシングルマザーの母親と仕方なく実家に住むことにする。

母親は、スナックを経営しながら、ペットにブタを飼い、自由奔放に暮らしている。ある日倫子は、ブタに天然酵母パンを作っているうちに、自分で食堂を開くことを思いつく。そして、実家の裏にある小屋を改装し食堂“かたつむり”を開く。1日1組限定、メニューなしの食堂は、料理を食べた近所のおじさんや女子学生、未亡人などの願望がかなったことから、食事をすると幸せになると大評判になる。そして、倫子も、徐々に元気を取り戻していく。

「ウール100%」の富永まいが、小川糸のベストセラーの同名小説を映画化。
倫子を演ずるのは柴咲コウで、口のきけない若い料理人を淡々と演じている。共演は、余貴美子、ブラザートム、志田未来など、最後に三浦友和も少し顔を出す。

料理好きの人たちの間で評判の原作だったこともあり、料理を作る工程を上手いカメラワークで見せている。また、倫子が画くカラフルなレシピ帳にも注目したいところだ。
ストーリー自体は、失恋が原因で声が出なくなってしまった女性が、料理で周りの人ばかりではなく自分も幸せにというどこにもあるもの。しかし、ほんわかとした展開の中で、ペットを「ご馳走様」してしまうというのは、意外だった。
スポンサーサイト
  1. 2010/09/29(水) 20:29:29|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<十三人の刺客 | ホーム | マイレージ、マイライフ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moviepark.blog16.fc2.com/tb.php/225-fd89830f

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。