映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

真夏のオリオン

■ 真夏のオリオン
■製作: 2009年日本
■監督: 篠原哲雄
■主演: 玉木宏
□評価: ★★☆  Max=3

倉本いずみの祖父は、日本軍の潜水艦イ-77の艦長だった。そのいずみの元にアメリカから1枚の楽譜が添えられた手紙が届く。いずみは、この楽譜が何故敵であった米軍人の手に渡り、どうして60年以上経って戻ってきたのか、その真相を知ろうとイ-77唯一の生存者、鈴木を訪ねる。
祖父の倉本孝行は、親友・有沢とは海軍幹部候補生の頃からの付き合いで、倉本は美しい有沢の妹の志津子と恋仲になっていた。その楽譜は、戦地に赴く倉本への想いを吉兆をもたらすというオリオン座に託して志津子が書いた「真夏のオリオン」という曲だった。そしてそこには「オリオンよ、愛する人を導け」というイタリア語の手書きのメッセージが添えられていた。

64年前の1945年8月、日本海軍は最後の防衛ラインとして、沖縄南東海域に5艘の潜水艦を配備していた。しかし、アメリカ艦隊に次々と撃沈され、有沢が艦長を務める4艘目のイ-81も駆逐艦パーシバルに葬られてしまう。残る1艘となったイ-77の倉本は、親友の有沢から最後のメッセージを受け取り、新入隊員にハーモニカで「真夏のオリオン」を演奏するように指示する。そしてイ-77の若い艦長倉本は、敵艦艦長スチュワートとの最後の戦いに挑む。

第二次大戦末期、最後の砦となった潜水艦を指揮する若い艦長とその乗組員たちが戦い抜いていく姿を、玉木宏の主演で描いた戦争ドラマ。
池上司の小説「雷撃震度一九・五」を、「ローレライ」「亡国のイージス」の福井晴敏が映画用に脚色し、「地下鉄に乗って」「山桜」など人間ドラマに定評がある篠原哲雄がメガホンを取った。
共演は、北川景子がいずみと祖母の1人2役を、有沢には映画初出演のCHEMISTORYの堂珍嘉邦が就いている。この周りを、芸達者な吉田栄作、鈴木瑞穂、益岡徹、ハリウッド俳優デイビッド・ウィニングなどが固めている。
今までの戦争映画はとかく死を美化していたが、この作品では死と直面しながら生きようとする若者たちを画いていて、新鮮味がある。また、日米の艦長の頭脳戦も見ていて楽しめる。
スポンサーサイト
  1. 2010/08/16(月) 20:32:11|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<マイレージ、マイライフ | ホーム | 交渉人 THE MOVIE>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moviepark.blog16.fc2.com/tb.php/223-26a66324

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Search