映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

アリス・イン・ワンダーランド

■アリス・イン・ワンダーランド
■製作: 2010年アメリカ
■監督: ティム・バートン
■主演: ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ
□評価: ★★☆  Max=3

19歳の美しい娘になったアリス・キングスレーは、ある日名家の御曹司から求婚され、その気がなく逃げ出してしまう。するとアリスの前に懐中時計を持った白うさぎが現れ、それを追ったアリスはうさぎの穴に落ちてしまう。
その底にあった部屋で、瓶に入った薬を飲んだアリスは、身体がみるみる小さくなる。小さなドアを開けて辿り着いたのは、アンダーランドと呼ばれる不思議の国だった。

その国には独裁者「赤の女王」が君臨していて、暗黒時代の様相を呈していた。そこの奇妙な住人たちは、預言書にかかれた暗黒時代を終わらせる救世主として、アリスを呼び寄せたのだった。
アリスが救世主だと知った女王は激怒し、生け捕りにするよう兵隊や怪物たちに命令を下す。間一髪で難を逃れたアリスは、チェシャ猫の案内で、マッドハッターという帽子屋と出会う。彼は女王に抵抗して、アリスを以前そこを統治していた慈悲深い「白の女王」の所へと向かわせた。

『チャーリーとチョコレート工場』のティム・バートン監督が、ジョニー・デップと7回目のコラボレーションをした作品。ルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』とその続編の『鏡の国のアリス』を基にしたオリジナルストーリーで、実写とモーションキャプチャを駆使して3Dとして映画化。ジョニー・デップが帽子屋に扮しているが、この作品の主人公アリス役には、オーストラリアの新星ミア・ワシコウスカを起用している。この他、赤の女王には、監督のパートナーのヘレナ・ボナム・カーター、白の女王役にアン・ハサウェイなど共演陣も豪華。

一見、子供対象の映画のように見えるが、登場キャラクターも面白く、ティム・バートンの自由奔放な映像の世界を大人が楽しめる作品。3Dの映像が綺麗で映像だけ観ていても飽きない。
スポンサーサイト
  1. 2010/04/29(木) 14:01:43|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ソラニン | ホーム | 南極料理人>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moviepark.blog16.fc2.com/tb.php/210-805d788f

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Search