映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

南極料理人

■南極料理人
■製作: 2009年日本
■監督: 沖田修一
■主演: 堺雅人
□評価: ★★☆  Max=3

1997年、海上保安庁に船上料理人として勤務する西村は、負傷した同僚に代わって南極内陸の南極ドームふじ基地に料理人として派遣される。そこは、標高3810メートル、平均気温零下54度。ペンギンもアザラシもいない、ウィルスさえ生息できない極寒の基地だ。越冬隊員は、西村のほかには気象学者、大気学者、雪氷学者と助手、車両担、通信担当、医師の8人だ。家族と離れ、基地での男だけの1年半もの生活に、隊員たちは西村の作る料理を心待ちにしている。西村も当然妻と娘を置いての単身赴任だが、娘からのファックスと作った料理を食べる隊員たちの満足な顔が何よりの喜びだった。

海上保安官出身で南極観測隊に料理人として参加した西村淳のエッセイ『面白南極料理人』を『クライマーズ・ハイ』『ジェネラル・ルージュの凱旋』の堺雅人を主演に映画化。監督・脚本は、自主映画やテレビドラマを手がける新鋭・沖田修一。
共演は、生瀬勝久、きたろう、豊原功補ら実力派俳優で、クライマックスもない、淡々とした展開をユーモラスでほのぼのとした演技で締めている。
そんな心を温める料理のオンパレードだが、『かもめ食堂』『めがね』などのフードスタイリストが手がけたというから頷ける。見終わった後、心地よさが残る作品だった。
スポンサーサイト
  1. 2010/04/08(木) 20:00:51|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アリス・イン・ワンダーランド | ホーム | 重力ピエロ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moviepark.blog16.fc2.com/tb.php/209-113a3096

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Search