映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

重力ピエロ

■重力ピエロ
■製作: 2009年日本
■監督: 森 淳一
■主演: 加瀬 亮
□評価: ★★☆  Max=3

仙台の大学院で遺伝子を研究する奥野泉水には、仲の良い”春”という二つ下の弟がいる。二人の名前は英語でSPRINGと同じだが、弟は美男子で芸術的な才能にも長けていて、泉水には眩しいような存在だ。泉水と春の母親は、7年前に亡くなっていて、今は優しい父の正志と三人で平穏に暮らしている。ある日、正志がガンで入院し、彼の余命が僅かであることが判る。それでも、正志はいつもながらの陽気さを失わず、「俺たちは最強の家族だ」と息子二人に言うのだった。
そして、連続放火事件が発生し、街中の落書きを消す仕事をしている春が落書きと放火が同時期に近くで行われるというの関連に気づく。兄弟はその事件を解決しようとし、現場に残されている落書きの英単語の頭文字がDNA配列だと気かつく。
時を同じくして、24年前に同じ街で起こった連続レイプ事件の犯人が出獄してきた。葛城にレイプされた女性の中には、泉水の母の梨江子もいて、春はその時の子供だった。

70万部を超える伊坂幸太郎のベストセラーを『Laundry ランドリー』で評価をえた森淳一が監督し、映画化。
泉水役には『それでもボクはやってない』『おとうと』など若手ながら存在感のある演技の加瀬亮、春役には『天然コケッコー』『魔法遣いに大切なこと』などで活躍が目立つ岡田将生。
そのほか共演は、父親役の小日向文世、母親役の鈴木京香、春のおっかけ役の吉高由里子、レイプ犯人役の渡部篤郎など。優しく穏やかな役を小日向が持ち前さで好演だが、悪役ともいえる渡部は最低な人間を見事に演じきっていて印象に残る。
残されたグラフィティアートの謎解きに始まり、家族の持つ24年前の謎が明らかになるストーリー展開だが、家族の絆や家族それぞれの葛藤がうまく描かれている。
スポンサーサイト
  1. 2010/03/28(日) 13:58:59|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<南極料理人 | ホーム | サブウェイ123>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moviepark.blog16.fc2.com/tb.php/208-d82c1657

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Search