映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サブウェイ123

■サブウェイ123
■製作: 2009年アメリカ
■監督: トニー・スコット
■主演: デンゼル・ワシントン
□評価: ★★☆  Max=3

ニューヨーク地下鉄の運行司令部で働くガーバーは、1時23分列車が緊急停止したことに気づく。運転席に無線連絡ををとると、ライダーと名乗る男が出て、ハイジャックしたことを伝えてきた。そして、人質19名の命と引き換えに、59分以内に市長に1000万ドルを用意させろと要求してきたのだ。
ガーバーはライダーとの交渉を専門家と交代するが、ライダーは無線で話をした地下鉄職員のガーバーを指名してきた。警察の人質救出斑の警部が強引に変わろうとすると、犯人は乗客を射殺してしまう。

『デジャヴ』などの作品でイギリスの巨匠と言われるトニー・スコット監督が、1974年の『サブウェイ・パニック』をリメイクした作品。
ガーバー役はデンゼル・ワシントン、もう一人の主役の犯人役はジョン・トラボルタで、映画はこの二人を中心に進むが、二人の演技力が画面に引き込む。突然ハイジャクされたニューヨークの地下鉄を舞台にした、地下鉄職員と武装グループのリーダーとの交渉劇を、臨場感たっぷりに先の読めないストーリー展開で描いている。
スポンサーサイト
  1. 2010/03/20(土) 22:32:59|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<重力ピエロ | ホーム | おとうと>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moviepark.blog16.fc2.com/tb.php/207-5db68b31

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。