映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

ぐるりのこと

■ぐるりのこと
■製作: 2008年日本
■監督: 橋口亮輔
■主演: 木村多江、リリー・フランキー
□評価: ★★★  Max=3

1993年の東京。小さな出版社で女性編集者の翔子と、頼りないものの法廷画家として働くカナオは、どこにでもいる幸せな夫婦だ。そんな平穏な生活の中で翔子は子を身籠るが、産まれてきた子どもを亡くしてしまう。初めての子どもの死に、翔子は落ち込み、精神的に追い詰められて、うつ病になり日増しに重くなるっていく。カナオは、そんな翔子を温かく支えようとする。そして、困難に直面しながらも、カナオの愛で翔子は徐々に元の平穏な心を取り戻してゆく。

第54回カンヌ国際映画祭で『ハッシュ!』が絶賛された橋口亮輔が、6年ぶりにオリジナル脚本・監督に挑んだ作品。一組の夫婦が、生後まもない子供の死をきっかけに妻が罹ったうつ病を乗り越える90年代が舞台のドラマで、うつ病は橋口監督も経験者でもある。
主演は、『怪談』の木村多江と、『東京タワー・・・』の原作者リリー・フランキーで、二人ともに、映画初主演作品となる。この他のキャストは、倍賞美津子、 寺島進、安藤玉恵、八嶋智人、寺田農、柄本明、田辺誠一、斎藤洋介、温水洋一、加瀬亮など、一流をずらりと揃えている。
作品は、クライマックスらしきものはなく、飄々としたリリー・フランキーに代表されるように淡々と進んでいくが、後に残る温かみが何とも言えない。
また、うつ病に罹り精神的に追い詰められていく木村多江の演技は、凄まじい一言で、平穏時の癒される顔とのギャップが素晴らしい。また、翔子の母親役の倍賞は味のある演技、真面目と対極の兄夫婦役の寺島と安藤の演技もまた楽しめる。
DVD出見たが、満点の★は久しぶり。
スポンサーサイト
  1. 2010/01/28(木) 18:12:34|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ノウィング | ホーム | アバター>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moviepark.blog16.fc2.com/tb.php/203-dc9026d6

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Search