映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2012

■2012
■製作: 2009年アメリカ
■監督: ローランド・エメリッヒ
■主演: ジョン・キューザック
□評価: ★★☆  Max=3

科学者のエイドリアンは、太陽活動が活発化したことから強力なニュートリノが発生、地球のコアが電子レンジのように過熱して、地殻が大崩壊すると予測する。そして、ホワイトハウスの大統領に伝えられたその事実は、G8各国との緊急会議の席上で、各国首脳に極秘情報として伝えられる。
一方、リムジン運転手として生計を立てながら小説家を目指すジャクソン・カーティスは、別れた妻から子どもたちを預かり、イエローストーン国立公園にキャンプに訪れる。そして、元妻と昔訪ねた湖の跡地で、ラジオ放送をする謎めいた男チャーリーに出会い、地球の滅亡が近いと聞かされる。その上、チャーリーは、人類の滅亡を避けるために巨大船が建造されていると話す。妄想だと相手にしなかったカーティスだったが、巨大な研究施設を発見し、それが真実だと確信する。
そんな中、ロサンゼルスで巨大地震が発生し、各地でも大地震、大津波や火山噴火が起こり、その被害はアメリカだけでなく世界規模のものになっていく。
ジャクソンは、別れた妻のケイトと二人の子ども、妻の恋人の5人で巨大船を目指すことにする。しかし、まるで彼たちを追うように、誰も経験したことのない規模の大災害が次々と襲いかかってくるのだった

マヤ暦の2012年地球滅亡説を題材に、「デイ・アフター・トゥモロー」「インデペンデンス・デイ」「紀元前一万年」のローランド・エメリッヒが監督し描いたパニック・ムービー。
主人公の運転手に「ハイ・フィデリィ」のジョン・キューザック、その妻にアマンダ・ピート、科学者エイドリアンにイギリスの舞台俳優キウェテル・イジョフォーがキャストされている。
ストーリーは、地殻変動で一夜のうちに大陸が大移動して、主人公たちや選ばれたものたちだけが巨大船に乗って生き残るという荒唐無稽なもので後味が良くない。
次から次へと展開する地球崩壊のVFX映像の迫力はかなりのもので、2時間38分という長さは気にならない。
スポンサーサイト
  1. 2009/12/05(土) 18:55:34|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<消されたヘッドライン | ホーム | 路上のソリスト>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moviepark.blog16.fc2.com/tb.php/197-3bb1c44f

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。