映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

天使と悪魔

■天使と悪魔
■製作: 2009年アメリカ
■監督: トム・ハンクス
■主演: ロン・ハワード
□評価: ★★☆  Max=3

宗教象徴学の権威のロバート・ラングドン教授は、ローマ教皇が病死し、次の教皇を選出する選挙(コンクラーベ)が行われようとしているバチカン皇国から助けを求められる。17世紀、バチカンに弾圧されことから秘密裏に結成されたイルミナティが、復讐のために科学者ヴィットリアらが開発した核以上の驚異的な破壊力を持つ「反物質」を奪い、ローマのどこかに隠したというのだ。行方の分からない反物質は電池が切れれば爆発し、バチカンも灰と化してしまう。その上、イルミナティは教皇最有力候補の4人を拉致してしまう。彼らは、候補達に科学の四大元素である「土」「空気」「火」「水」を表わす焼き印を胸に押しつけ、一時間ごとに惨殺すると予告してきた。イルミナティにつながる暗号から処刑場所と反物質の在処の特定を試みるラングドンだったが…。

ロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演で大ヒットした「ダ・ヴィンチ・コード」の続編として同じコンビで撮った作品。前作ではキリストの血脈に迫ったが、今回の作品では宗教“天使”と科学“悪魔”の対立がテーマとして横たわっている。前作はなかなか理解がし難いところがあったが、今回は反物質の爆発と教皇最有力候補の処刑という二つのタイムリミットにより緊迫度が増して、楽しめるエンターテインメントに仕上がっている。また、秘密のヴェールで覆われてきたバチカンのコンクラーベの様子が見られるのも、面白い。
ヒロインの科学者ヴィットリアには『ミュンヘン』のイスラエル人女優アイェレット・ゾラー。
スポンサーサイト
  1. 2009/11/23(月) 16:37:12|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<路上のソリスト | ホーム | ゼロの焦点>>

コメント

すごい展開でしたね。

今日子供がDVDを借りてきてたので 見ました。
歴史をもっと勉強しておくんだったww
最初は訳がわからなかったけど
ぐんぐん ひっぱられていく感じ。
食入るように見てしまいました。

最後のどんでん返しにびっくりでした。

新しい皇帝になったのは だれなのかしら?^^
  1. 2009/11/28(土) 00:25:37 |
  2. URL |
  3. 倖 #IXfWZXME
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moviepark.blog16.fc2.com/tb.php/194-21dcc2c7

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。