映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

たみおのしあわせ

■たみおのしあわせ
■製作: 2007年日本
■監督: 岩松 了
■主演: オダギリジョー
□評価: ★★☆  Max=3

奥手で女性との交際が苦手な神埼民男は、父親の伸男と二人でニューヨークに住む叔父の家で暮らしている。そんな民男は、父会社の社長の紹介で見合いをし、相手の瞳から「結婚をしてほしい」といわれる。そして結婚を前提にした交際を始め、なんとなく結婚へと進んでいくことに民男はこれまでに無い幸せを感じていた。
一方、父親の伸男は、部下の宮地と交際をしていて職場仲間にはバレバレだが、民男はなかなか子離れができず、このことを話せないで居る。
そんな中、叔父の透がこっそりとニューヨークから逃げ帰り、民男や伸男に隠れて神崎家の天井裏に居着いてしまう。透は偶然伸男の宮地に発見されてしまうが、その二人は恋に落ちてしまう。

劇作家、演出家として、俳優としても活躍する岩松了が脚本・監督を務めたコミカルな恋愛ドラマ。
オクテな青年の民男を今や実力派映画俳優としての確固たる地位を固めてたオオダギリジョーが、婚約者・瞳を爽やかでのびのびとした演技で人気の麻生久美子が演じている。このふたりは、人気ドラマ「時効警察」の名コンビだが、この映画でも、頼りないカップルにぴったりの演技をみせている。
二人の周りを、父親役に原田芳雄、その恋人に大竹しのぶ 、怪しい叔父に小林薫など実力派俳優がキャスティングされ、しっかりと固めて安定感と安心感をもたらしている。また、石田えりや今は亡き忌野清志郎も顔を出している。
映画は、屋根裏に住む叔父の存在やエンディングの展開など少し現実離れしているところもあるが、ロマンチックコメディとしてみればそれも良い。
スポンサーサイト
  1. 2009/09/12(土) 10:46:05|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<全然大丈夫 | ホーム | 地球が静止する日 >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moviepark.blog16.fc2.com/tb.php/188-19556cc6

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。