映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

地球が静止する日

■地球が静止する日
■製作: 2008年アメリカ
■監督:スコット・デリクソン
■主演:キアヌ・リーヴス
□評価: ★☆☆  Max=3

ワシントンDCに銀色の円盤が着陸し、粘着質のものに覆われた異星人が現れる。
亡夫の連れ子の息子ジェイコブと2人暮らしヘレンは、生物学者で宇宙微生物学の権威。或る日ヘレンは突然、アメリカ政府から強制的に協力を要請され、同様に集められた異分野の科学者達と共に、軍の基地へ召集される。それたは、この異性人への対応のためだった。

宇宙からの物体を武装した軍や警察が包囲する中、現れた巨大なロボットと粘着質のものに覆われた異性人。その異星人を、軍隊の一人が指令に背き狙撃してしまう。そして、医師の懸命な治療を受け、一命をとり止めた異星人は、粘着質のものがはがすと、驚くべきことに人間そっくりの姿をしていた。

目覚めた彼はクラートゥと名乗り、来訪の目的を尋ねるヘレンと国防長官に『地球を救いに来た』と告げる。それは、地球の指導者たちに環境破壊に目を向けるよう忠告することであった。

『ウエスト・サイド物語』『サウンド・オブ・ミュージック』の巨匠、ロバート・ワイズ監督が異星人とのファースト・コンタクトを1951年に描いたSF『地球の静止する日』を57年ぶりにリメイクした作品で、監督はホラー映画『エミリー・ローズ』のスコット・デリクソン。
主演は、「マトリックス」シリーズ、『スピード』のキアヌ・リーブス。科学者ヘレンには、オスカー女優ジェニファー・コネリー、その息子ジェイコブに、ウィル・スミスの息子で天才子役として名高いジェイデン・スミス、国防長官には名女優、キャシー・ベイツとそうそうたるキャスティングである。
キアヌ・リーブスはいつも通りの淡々とした芝居だが、ジェニファー、ジェイデン、キャシーは役にぴったり合わせた流石の演技だ。
ただ如何せんストーリーが古く、広がりがない。思わせぶりで、実際は何も起こらないラストにもがっかりで、リメイクだから仕方ないと諦めたくはない。CGやVFXも大したことなくて迫力にも欠ける。

ところで、ジェニファー・コネリーとショーン・コネリーは縁戚関係かと思って調べると、Jennifer ConnellyとSean ConneryでLとRの違いがあり、まったく別の姓。ちなみに、ジェニファーの父親はジェラルド・コネリーといい、ジュニア向けのファッションデザイナーだという。
スポンサーサイト
  1. 2009/08/23(日) 15:44:20|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<たみおのしあわせ | ホーム | アマルフィ 女神の報酬>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moviepark.blog16.fc2.com/tb.php/187-ea52ea77

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Search