映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

チェンジリング

■チェンジリング
■製作: 2008年、アメリカ
■監督: クリント・イーストウッド
■主演: アンジェリーナ・ジョリー
□評価: ★★★  Max=3

ロサンゼルスに住むクリスティン・コリンズは、電話会社に勤めながら女手一つで9歳の息子ウォルターを育てている。1928年のある日、上司から頼まれてウォルターをひとり家に残して休日出勤する。

夕方、彼女が急いで帰宅すると、留守番をしているはずの息子は忽然と姿を消していた。警察に通報したがすぐには取り合ってもらえず、翌日から捜査が始まるが、手がかりがないまま行方不明の状態が続く。居なくなって5ケ月後、ウォルターがイリノイ州で見つかったという知らせが入り、駅での再会となるが、汽車から降りてきたのは、最愛の息子ではなく、まったく見知らない少年だった。

クリント・イーストウッドが、行方不明となった息子の生還のために、腐敗しきった警察権力に立ち向かう母親の姿を描く実話を基にしたサスペンスドラマ。主演で母親役は、実生活でも母親のアンジェリーナ・ジョリーで、エレガントだが芯の強い母親を熱演している。また脇では、ジョン・マルコビッチが真実を追求してクリスティンを支援する牧師役で渋さをみせている。
巨匠クリント・イーストウッドの最後といわれる「グラン・トリノ」の前作ということで期待してDVDを借りてきた。
しっかりと時代考証されたセット、綿密な演出とストーリー展開、画面に引き込むカメラワーク、ピアノとギターが絶妙な音楽、そのどれをとっても抜かりはない。非常に完成度が高く、充実した休日の午後を過ごせた。
スポンサーサイト
  1. 2009/08/01(土) 17:07:45|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ファン・ジニ | ホーム | 剱岳 点の記>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moviepark.blog16.fc2.com/tb.php/184-6ad0708e

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。