映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

ザ・マジックアワー

■ザ・マジックアワー
■製作: 2008年、日本
■監督: 三谷幸喜
■主演: 佐藤浩市
□評価: ★★☆  Max=3

映画のセットのような建物がある港町、守加護(すかご)。街を牛耳る「天塩商会」のボスの愛人のマリに手を出してしまった備後は、自分の命を見逃してもらうため、誰も正体を知らない伝説の殺し屋「デラ富樫」を連れてくると約束する。
期限が迫ってもデラを見つけられない備後は、売れない俳優の村田大樹を映画の撮影と騙し、デラに仕立ててあげて乗り切ろうと画策する。相手が本物のヤクザとは知らずに殺し屋デラを演じ続ける村田、彼はすべてを映画の撮影だと信じ、伝説の殺し屋を演じ続ける。
備後は、天塩にばれないよう四苦八苦するが、その甲斐あって天塩は、村田を本物の殺し屋だと思い込み、自分の組みに雇ってしまう。

日本のエンターテイメント界を代表する三谷幸喜の4作目の監督作品。村田大樹は、コミカルな演技もなかなかの佐藤浩市が演じている。ドジな手下役の備後には妻夫木聡が、愛人には深津絵里、ヤクザの親分には西田敏行、村田のマネージャーには小日向文世とかなりのキャスティング。また、2008年2月に亡くなった市川崑が映画監督役で姿を見せている。

「THE有頂天ホテル」の大ヒットから2年、三谷幸喜が満を持してのオリジナル・ノンストップコメディだが、力が入りすぎたのか笑いを取ろうと少しドタバタが過ぎる面もある。キャスティングは役にぴったりの俳優ばかりで、その点にはさすが三谷と感心させられる。
スポンサーサイト
  1. 2009/06/06(土) 21:42:09|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<剱岳 点の記 | ホーム | おと・な・り>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moviepark.blog16.fc2.com/tb.php/182-8e5dc700

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Search