映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

おと・な・り

■おと・な・り
■製作: 2009年、日本
■監督: 熊澤尚人
■主演: 岡田准一、麻生久美子
□評価: ★★☆  Max=3

カメラマンの聡は、親友でトップモデルのシンゴの写真集で一躍有名になり、人気モデルの撮影に忙しい日々を送っている。本当は風景写真を撮りたいという夢があり、今の事務所を辞めてカナダに風景写真を撮りに行こうと計画している。
一方、花屋でアルバイトをしながらフラワーデザイナーを目指している七緒は、勉強のためのフランス留学がもうすぐだ。
同じような年頃の二人は、同じアパートの隣に暮らしているが、顔を合わせたことは一度もない。そしてお互いに壁越しに聞こえてくる生活の音、口ずさむメロディー、フランス語のレッスン、コーヒーを挽く音、キーホルダーの金属音などに関心を寄せ、心地いいその響きはやがて愛おしさを感じさせるようになる。

2004年函館港イルミナシオン映画祭のシナリオ大賞の準グランプリに輝いた「まなべゆきこ」の脚本をもとに、「ニライカナイからの手紙」や「ダイブ!!」の熊澤尚人監督が映画化。アパートの隣同士ながら、一度も顔を合わせたことはない人生の岐路に立つ若いの男女が、お互いの生活音を耳にしながら、音だけで心を通わせていく様子をさわやかに描いている。
主演は「木更津キャッツアイ」シリーズ、『陰日向に咲く』で評価を得たV6の岡田准一と、「カンゾー先生」で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞し近頃では「アキレスと亀」「純喫茶磯辺」などでしっかりと女優の地位を確立した麻生久美子。脇を、谷村美月、岡田義徳、池内博之、市川実日子ら若手実力俳優と平田満、森本レオ、とよた真帆といった個性派のベテラン勢が固めている。
レトロで味わいあるアパート、花屋、喫茶店などを舞台、岡田+麻生のキャスティングもこの作品にぴったりで、透明感漂う雰囲気とゆっくり過ぎる時間には堪らなく癒された。
スポンサーサイト
  1. 2009/05/30(土) 16:42:41|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:1
<<ザ・マジックアワー | ホーム | 容疑者Xの献身>>

コメント

(⌒▽⌒)ノ"

どんな映画かなぁ~と調べようと思ったら
そうだ!ここがあった♪
今 画面を見ながら「フムフム・・ふ~ん」と独り言の私に
旦那さんが「何うなずいてるの??」だって(*^▽^*)





  1. 2009/06/08(月) 23:42:25 |
  2. URL |
  3. ぽろん #s.Y3apRk
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moviepark.blog16.fc2.com/tb.php/181-a92cdebc

『おと・な・り』のあざやかさ

 最近、あざやかな幕切れの映画を見ないのが気になっていた。  たまたま私のめぐり合わせが悪かったのかも知れない。  しかし、クライ...
  1. 2009/09/07(月) 01:53:20 |
  2. 映画のブログ

「おと・な・り 」こんな偶然あり得ないけど、なんだか幸せ

「おと・な・り 」★★★☆ 岡田准一 、麻生久美子 主演 熊澤尚人 監督、2008年、119分 「カメラマンの聡(岡田准一)の隣の部屋には 花屋のバイトをしながら、 フランス留学を控えた七緒(麻生久美子)が お互い隣の気配を何気なく気にしながら暮らしてる
  1. 2009/06/11(木) 21:04:37 |
  2. soramove

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。