映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オーストラリア

■オーストラリア
■製作: 2008年アメリカ/オーストラリア
■監督: バズ・ラーマン
■主演: ニコール・キッドマン
□評価: ★☆☆  Max=3

英国貴族のレディ・サラ・アシュレイは、第二次世界大戦直前のオーストラリアの北部の港町ダーウィンにやってきた。目的は、牧場経営をしようと渡豪し連絡がつかない夫を捜す為だった。港で彼女を迎えた案内人は、無骨で粗暴なカウボーイのドローヴァー。遠く離れた夫の持つ土地に着いたサラは、何者かが槍で夫を殺したことを知る。亡き夫の領地は広大で、使用人としてアボリジニや混血少年ナラなどが牛の世話をして暮らしていた。サラはドローヴァーの力を借りて、ナラや使用人などとともに1500頭の牛をダーウィンまで引き連れて行き、軍に売却することを決める。

『ロミオ&ジュリエット』『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン監督が、オーストラリアの自然のなかでを背景にイギリス女性と野性的なカウボーイとの愛を描いた作品。アメリカとオーストラリアの合作で、主演のニコール・キッドマンやカウボーイ役のヒュー・ジャックマンなど主要なキャストにオーストラリア出身者を起用している。ストーリーの中に霊感の強い先住民アボリジニの老人とその孫の混血少年を登場させて、しっかりとしたものにしている。何よりスケールが大きいオーストラリアの自然が随所に登場し、カメラワークもよい。上映時間が2時間45分でもう終了かと思うとまた盛り上げが・・が何回もあるが、少し長いという感じは否めない。

残念なのは、日本軍の空爆の史実はあるが、映画にあるオーストラリアに上陸してアボリジニを虐殺したというのは事実無根。むしろアボリジニを虐殺、強制移住、搾取したのはオーストラリアに入植した白人たちであり、史実を捻じ曲げた映像化に政治的な臭いがして一日本人としては、最低評価にせざるを得ない。

スポンサーサイト
  1. 2009/02/28(土) 21:34:13|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<ジェネラル・ルージュの凱旋 | ホーム | 少年メリケンサック>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moviepark.blog16.fc2.com/tb.php/175-762d1d15

映画「オーストラリア」(2008年、米)

     ★★★☆☆  監督のBaz Luhrmann 、 主演のNicole Kidman、Hugh Jackman と Australia出身の3人が手掛けた 愛と冒険のロマン。         第2次世界大戦直前の1939年、 英国貴族の夫人Sarah Ashley (Nicole Kidman)が 夫の住む北オーストラリアを訪れ
  1. 2009/03/01(日) 09:04:58 |
  2. 富久亭日乗

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。