映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

山桜

■山桜
■製作: 2008年日本
■監督: 篠原哲雄
■主演: 田中麗奈
□評価: ★★☆  Max=3

江戸時代の後期、東北の海坂藩の吟味役涌井家の長女野江は、嫁いだ相手が早死にし、今は磯村家に嫁いでいるが、さもしい家風に馴染めずに日々の生活に耐えている。野江は久しぶりに叔母の墓参りの帰りに、山道に満開の山桜を見つける。その美しさに一枝折ろう手を伸ばすが届かず、一人の武士が山桜を手繰り寄せ折ってくれる。その武士は、かつて縁談を断った実直な侍の手塚弥一郎だった。そして、その弥一郎は野江を妻に望んで果たせなかった思いを今でも引きずっていた。
そんな中、海坂藩の農民たちは毎年の米の不作と重い年貢で食うや食わずで生活に困窮していた。その窮状を目の当たりにした弥一郎は義憤にかられ、ある決断をする。

藤沢周平の珠玉の短編小説を、『地下鉄に乗って』の篠原哲雄監督が映画化。主人公・野江には、時代劇に初挑戦の田中麗奈、彼女を静かに愛する武士には東山紀之。田中麗奈は凛とした女性像を見事に演じて、時代劇に新境地を開いた感じ。東山も正義感あふれる若い武士を演じ、太刀捌きも見事なもの。壇ふみ、、篠田三郎、村井国夫、富司純子といった実力派の豪華俳優陣が脇を固めていて、同じ藤沢作品の『武士の一分』『たそがれ清兵衛』にも方を並べる作品となった。脇の中では、最後に登場する富司純子の存在感が特に目を引く。惜しいのは、や墓や大道具道に少し雑なところが見られるのと、一青窈の歌がエンディングテーマにしては合わないところ。
スポンサーサイト
  1. 2009/01/25(日) 00:16:30|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<感染列島 | ホーム | 怪人二十面相・伝>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moviepark.blog16.fc2.com/tb.php/172-fb41e458

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Search