映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

チャーリー・ウィルソンズ・ウォー

■チャーリー・ウィルソンズ・ウォー
■製作: 2007年アメリカ
■監督:マイク・ニコルズ
■主演: トム・ハンクス
□評価: ★★☆  Max=3

酒と女が大好きでハメをハメを外し、マリファナまで吸ってしまうチャーリーは、テキサス州選出の下院議員だ。しかし、その反面、米ソが冷戦関係の中で、ソ連軍の進行に苦しんでいるアフガニスタンを気にしている。国防歳出小委員会がアフガニスタンの支援に500万ドルしか用意していない事がカレの耳に入ると、委員会メンバーの彼は、予算を倍にするよう指示する。反共産主義者で大富豪でチャーリーの恋人のジョアンヌは、アフガニスタンを救うよう彼に訴え、パキスタンに行くことを薦める。現地に赴いたチャーリーはソ連軍から逃げる大量のアフガン難民にショックを受け、ソ連軍と戦うゲリラたちに武器を渡し支援する。

米ソ冷戦の舞台裏で起こる、一人の型破り政治家チャーリー・ウィルソンの実話に基づくコメディディータッチのヒューマンドラマ。『卒業』(1967年)の名匠、マイク・ニコルズが政治ドラマのメガホンを取った。主人公はトム・ハンクスが演じ、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマンの演技派が脇を固めている。アカデミー主演賞に輝く3人のトップスターが共演し、『魔法にかけられて』のエイミー・アダムスなど豪華なキャスティング。秘書役のエイミー・アダムスが若くてピチピチしているのに比べ、ジュリア・ロバーツは歳(41歳)以上に老けた感じがした。
最初はコメディの感じがするが、時間を追って意外としっかりとした政治ドラマであるということが分かり、結構真剣に見てしまった。
スポンサーサイト
  1. 2008/11/30(日) 21:31:55|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<コレリ大尉のマンドリン | ホーム | ハッピーフライト>>

コメント

気になる作品です

らいむさん、お元気ですか?
相変わらず映画を楽しんでらっしゃいますね。
この作品は、政治的で重そうなストーリーなのに、コメディって??
想像がつきません。気になるぞぉ~。

私は昨日ブーリン家の姉妹を見てきました。
らいむさんも書かれている宮廷画家ゴヤは見たにも出ていたナタリー・ポートマンが出てました。
うっとりでしたわ~
  1. 2008/12/04(木) 15:33:02 |
  2. URL |
  3. りお #Y9/F0Z5U
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moviepark.blog16.fc2.com/tb.php/169-34a7647a

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。