映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハッピーフライト

■ハッピーフライト

■製作: 2008年 日本
■監督: 矢口史靖
■主演: 田辺誠一
□評価: ★★☆  Max=3

副操縦士の鈴木和弘は、機長昇格を目前にした副操縦士。その最終実地試験がホノルル線で行われることになるが、試験教官として同乗する機長が、厳しいと評判の原田に急遽変わってしまい、緊張感たっぷりで操縦席に向う。客室では、新人キャビンアテンダントの斎藤悦子が、初めての国際線フライトで鬼チーフパーサーの下で、これまた緊張感のピークに達していた。
一方地上のグランドスタッフの木村は、日々の仕事に倦怠感を抱えているが、搭乗が始まるとトラブル続きだ。
離陸時刻が迫って必死にメンテナンスする若手整備士、カモメを空砲で追い払うバードパトロール、ANAオペレーションセンターで指示を出すベテランディレクター、てきぱきと離着陸機をコントロールする管制官など多くのスタッフが飛行機を安全に離着陸させるために奔走していた。
そんな中、ジャンボジェット機は定刻に離陸。安全運行でホノルルに向うはず機の主翼に血の跡のようなものを乗客が見つかる。これがトラブルの始まりだった。

爽やかでコミカルな『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』で一躍売れっ子になった矢口史靖監督が、今回は飛行機のスタッフをテーマに撮った。飛行機を安全にスケジュール通りに飛ばすための裏側を見せながら、そこで頑張っているスタッフたちの動きをタイミングよく組み合わせて、痛快なコメディに仕上げている。少しドタバタ気味のところはあるが、登場人物のキャラクターを非常に上手く散らばらせているのも、楽しませる矢口流のテクニック。
主演の副操縦士は田辺誠一が演じているが、コメディも結構合っている。新米CAに綾瀬はるか、鬼機長に時任三郎、厳しいチーフパーサーに寺島しのぶ、その他吹石一恵、田畑智子、笹野高史、岸部一徳などバラエティに富んだキャスティング。エンドロール中に竹中直人も一瞬登場している。
笑いもハラハラもあり、見終わってスッキリする矢口監督らしい娯楽映画で、休みの午前中を楽しんできた。

スポンサーサイト
  1. 2008/11/15(土) 19:32:45|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<チャーリー・ウィルソンズ・ウォー | ホーム | LOVE FIGHT>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moviepark.blog16.fc2.com/tb.php/168-6d23e448

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。