映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

釣バカ日誌19 

■釣バカ日誌19 ようこそ!鈴木建設御一行様
■製作: 2008年 日本
■監督: 朝原雄三
■主演: 西田敏行
□評価: ★☆☆  Max=3

鈴木建設営業3課ハマちゃんことの浜崎伝助は、相変わらず仕事より釣り優先の毎日を過ごしている。しかし会社の健康診断で胃の異常でひっかかっり再検査になってしまう。ハマちゃんは胃カメラを飲むことを拒否し、厚生課の河井波子を困らせてしまう。そんな波子の窮地を救ったのは、3課に中途入社した高田大輔。大輔は大企業「高田製薬」の御曹司なのだが、親の七光りを嫌う一本気な性格で、ひそかに波子に好意を抱いている。
再検査の結果、胃は大したことはなく、ハマちゃんや大輔は、波子が幹事の大分への社員旅行に晴れて参加することになった。大分は波子の郷里、ハマちゃんは波子の兄が漁師だと知り、さっそく釣りの手配を頼む。

ハマちゃん(西田敏行)&スーさん(三國連太郎)がコンビの人気シリーズの第21作目で、監督は14作からの朝原雄三。一作目は1988年で20周年となる今回のロケ地は大分県の大分市や別府市、佐伯市。ゲスト出演は波子役の常盤貴子と大輔役の山本太郎。波子兄で地元の漁師役はこういう喜劇には珍しい竹内力だが、佐伯出身ということもあっての起用だろう。脇は浅田美代子、中本賢、笹野高史などのレギュラー陣。
相変わらずのドタバタ喜劇だが、殆どのシーンで次の展開が読めてしまい、笑いもその場面限りのものになっていて、1000円での公開の価値通りの作品。
西田(60歳)もスーさん役の三國連太郎 (85歳) も年を取り過ぎ、今回はスーさんも杖をついていて釣のシーンも無い。今回が21作目でそろそろ潮時の頃合だが、寅さん亡き後の松竹はなかなか止められないのではないか。佐藤浩一が次の社長となって、続けられるかも。
新宿ピカデリーで見たが、何と綺麗な映画館となったものか。椅子の座り心地も抜群!
スポンサーサイト
  1. 2008/10/26(日) 14:57:57|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<P.S.アイラブユー | ホーム | イーグル・アイ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moviepark.blog16.fc2.com/tb.php/164-c3be8e63

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。