映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

ゲット スマート

■ゲット スマート
■製作: 2008年 アメリカ
■監督: ピーター・シーガル
■主演: スティーブ・カレル
□評価: ★★★  Max=3

「Control」というアメリカのスパイ機関で分析官をしているスマートは、エージェントへの昇格試験に何回も落ち、今回こそはと試験に臨んでいる。そして、とうとう合格ライン超えたが、Controlのチーフは分析官から外すのは勿体無いと考え、昇格を見合わせしてしまう。そんな折、Controlがカオスという核兵器を大量に保有し世界征服を企む巨悪組織に侵入されて内部を破壊される。そして持ち去った情報で身元が明るみになったエージェントたちが次々と暗殺されてしまう。そこて、チーフは顔が知れていないスマートをエージェント86として昇格させることに。そして、そのパートナーとして整形したばかりの美女のエージェント99を選ぶ。二人への命令はロシアでカオスの核兵器情報を探ることだった。

1960年代にアメリカでテレビ放送され、大ヒットした007のパロディ『それ行けスマート』(GET SMART)シリーズ。それがハリウッドで題名も同じく『GET SMART』で映画化された。メガホンを取ったのは、『N.Y.式ハッピー・セラピー』や『ロンゲスト・ヤード』など知られるピーター・シーガル。
キャストは、『40歳の童貞男』のスティーヴ・カレル、相棒の美女エージェント99には『プラダを着た悪魔』の美形アン・ハサウェイ、上司のチーフに『リトル・ミス・サンシャイン』でアカデミー賞助演男優賞受賞アラン・アーキンを起用している。
ずっと昔、小松政夫の吹き替えのテレビ放送で大笑いした記憶がかすかにある(間違いかも)。この作品もバカバカしいストーリーながら、おもわず噴き出してしまうおかしさが方々に散りばめられていて、見事なコメディに仕上がっている。それでいて、ハラハラドキドキのアクションも入っていて、娯楽映画としては非常に良い出来。久しぶりにストレス全発散でスッキリして試写会場を出た。

スポンサーサイト
  1. 2008/10/06(月) 23:41:51|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<イーグル・アイ | ホーム | 宮廷画家ゴヤは見た>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moviepark.blog16.fc2.com/tb.php/162-378d772f

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Search