映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

次郎長三国志

■次郎長三国志
■製作: 2008年 日本
■監督: マキノ雅彦
■主演:中井貴一
□評価: ★☆☆  Max=3

駿府清水の次郎長は、祝言をあげたばかりの恋女房のお蝶を清水に置き、渡世修行に出かける。またせ駆け出しの博打打ちの次郎長だが、その男っぷりは大したもので、旅をするうちにそれに惚れた男たちが、次々に仲間に加わってくる。大政、小政、石松に法印の大五郎・・・次郎長一家は、東海道中にその名を轟かせるようなる。そのうちに敵も増え、特に甲州で一大勢力を誇る黒駒の勝蔵、その子分の極悪人の三馬政が立ち向かってくる。そんな中、お蝶が病に倒れてしまう。

マキノ雅彦監督(津川雅彦)が、「寝ずの番」に続いてメガホンをとった二作目が、叔父のマキノ雅弘監督が十八番にした「“次郎長三国志」。中井貴一の次郎長、その他に岸部一徳、温水洋一、笹野高史、近藤芳正、北村一輝、、佐藤浩市、竹内力などの男優陣、お蝶の鈴木京香を始め女優は、高岡早紀、木村佳乃、前田亜季、真由子、荻野目慶子などの百花繚乱の女優陣のオールスターキャストで、脇役に至るまで文句のつけようがない。このあたりは流石にマキノの力だが、正統派時代劇という声があるが、映画自体は単なるチャバラ喜劇の域を出ない感じ。救いはマキノの実の子” 真由子”の威勢の良い演技で「やれば出来るじゃん」。

スポンサーサイト
  1. 2008/09/04(木) 22:28:18|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<幸せの1ページ | ホーム | ニライカナイからの手紙>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moviepark.blog16.fc2.com/tb.php/157-ed840661

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。