映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ニライカナイからの手紙

■ニライカナイからの手紙
■製作: 2005年 日本
■監督: 熊澤尚人
■主演: 蒼井 優
□評価: ★★☆  Max=3

風希は沖縄の竹富島で郵便局長の祖父と二人暮らしをしている。カメラマンだった父親を早くに亡くし、母親は風希が6歳のときに島を出て、それ以来一度も戻ってくることはなかった。
その母親からは風希の毎年の誕生日に手紙が届く。その手紙には励ましの言葉が綴られていて、彼女の何よりの宝物になっている。14歳の誕生日に届いた手紙に、二十歳の誕生日に、分かれて暮らしている理由を全て話すと書かれていた。
高校を卒業すると、地元に残れという祖父の言葉を背に、風希は写真を勉強のためにカメラマンの助手として上京し、父の遺品のカメラで写真を撮るようになる。そして心待ちにしていた20歳の誕生日がやって来て、待ち合わせ場所の井の頭公園に向う。

沖縄竹富島の美しい自然をバックに、島の人々の優しさに包まれながらも、母からの手紙を支えとして生きる少女の成長綴ったハートフルな作品で、2005年に全国公開され、20万人を動員。
監督は、『TOKYO NOIR』の能澤尚人。キャストは、主人公 風希には蒼井優、祖父を沖縄演劇界重鎮の平良進、母親を南果歩と演技派俳優で固めている。今から4年前の撮影だが、蒼井は『リリイ・シュシュのすべて』で映画デビューし、次々と話題作に取り組み経験も積んだためか、しっかりした演技で素晴らしい。平良は物静かで朴とつとした沖縄の老人にぴったりで、流石に存在感がある。
最後に種明かしをするストーリーは良いのだが、あまりにも郵便局が出すぎ、全編郵政の広告のようでこれは頂けない。
主題歌はテーマ曲『太陽ぬ花』がデビューとなる永山尚太。
なお、ニライカナイとは沖縄地方に伝わる水平線の彼方にある楽園のことらしい。
スポンサーサイト
  1. 2008/08/31(日) 17:13:03|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<次郎長三国志 | ホーム | 陰日向に咲く>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moviepark.blog16.fc2.com/tb.php/156-0e0295b6

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。