映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

陰日向に咲く

■陰日向に咲く
■製作: 2008年 日本
■監督: 平川雄一朗
■主演: 岡田准一
□評価: ★★☆  Max=3

シンヤはギャンブル好きで借金まみれの観光バスの運転手。職場の上司にも借金をし、その上司との約束を破り、パチンコで給料を使い果たしてアパートに帰ると、サラ金の回収屋が待っていた。シンヤは、その回収屋の指示でオレオレ詐欺に手を染め、老婦人を騙そうとする。しかし、電話口の老婦人はシンヤを息子と思い込み、話し始めるが、何度も電話をするうちに、二人の間に奇妙な交流が始まる。心根が優しいシンヤが金を引き出せずにいるとき、浅草の仲見世で寿子という若い女性と出会う。寿子の母は若いときに浅草のストリップ劇場でゴールデン雷太・鳴子として漫才をしていたことがあり、寿子は雷太を見つけ出すために浅草に来たのだった。
リュウタロウは妻を亡くし一人暮らす中年のエリートサラリーマン。出勤の途中に、歩道橋を人波を二つに割ってのんきに降りてくるホームレス浮浪者を見て、「モーゼだ」 と感動してしまう。一人息子との関係を改善できず悩み続けていたリュウタロウは自らもホームレスの格好になり、モーゼを探し出して時間を共にするようになる。

堤幸彦監督に師事し『そのときは彼によろしく』でデビューした平川雄一朗が、劇団ひとりのベストセラーの同名小説を映画化。キャストはシンヤに『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』・『花りもなほ』で確実な演技を評価されたV6の岡田准一、寿子役に宮崎あおい、モーゼに西田敏行、リュウタロウに三浦友和と実力派が並ぶ。宮崎の溌剌としてキレの良い演技は全体を盛り上げているが、それと対照的に目立ち過ぎない控えめな岡田も良い。
東京を舞台にダメ人間たちに焦点を当て、それぞれが一生懸命生きようとする姿を描いた群像劇だが、最後に登場人物たちが繋がるというストーリー展開が面白い。映画館で見なくても、DVDで十分楽しめる作品。
スポンサーサイト
  1. 2008/08/23(土) 15:09:49|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ニライカナイからの手紙 | ホーム | 百万円と苦虫女>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moviepark.blog16.fc2.com/tb.php/153-0bf6215c

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Search