映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

百万円と苦虫女

■百万円と苦虫女
■製作: 2008年 日本
■監督: タナダユキ
■主演: 蒼井 優
□評価: ★★☆  Max=3

就職浪人の佐藤鈴子は、レストランでアルバイトをしているが、仲間の女性からルームシェアをと誘われる。親元から離れて暮らす決意をした鈴子だが、ルームシェアはその友達の彼も一緒。ところが二人が喧嘩別れをしたことから、鈴子と男との二人のシェアになる。捨て猫の扱いから、鈴子は男の荷物を全て処分してしまったことから刑事事件となり、その結果前科者になってしまう。
中学受験を控えた弟にも責められて家に居辛くなった鈴子は、100万円を貯めてひとりで生きていくことを決意する。そして、1カ所で100万円貯まったら次の場所に移り住むという生活を始める。
そして、小学校でいじめを乗り越えようとする弟の拓也の存在が、彼女の生活に勇気を与えてくれるのだった。

『フラガール』で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、ブルーリボン賞主演女優賞など、数多くの映画賞を受賞した蒼井優が『ニライカナイからの手紙』以来、3年ぶりに主演を務めた作品。
監督は『赤い文化住宅の初子』のタナダユキ。共演者は、森山未來、笹野高史、ピエール瀧、佐々木すみ江などの個性派揃い。「100万円貯まったら転居」を繰り返すうちに少しづつ成長していく青春ロードムービー。蒼井のキャラクターからか、暗くならずにのぼのとした作品になっていて、意外にも後味スッキリ。
スポンサーサイト
  1. 2008/08/11(月) 17:03:06|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<陰日向に咲く | ホーム | ヒットラーの贋札 >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moviepark.blog16.fc2.com/tb.php/152-85a63a02

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。