映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

クライマーズ・ハイ

■クライマーズ・ハイ
■製作: 2008年 日本
■監督: 原田眞人
■主演: 堤 真一
□評価: ★★☆  Max=3

悠木和雅は、群馬県前橋の地方新聞社である北関東新聞社の遊軍記者。1985年8月12日、この日悠木は会社を終えてから、友人の販売局員の安西と一緒に谷川岳の衝立岩に挑戦する予定だった。待ち合わせ場所の駅に向かおうとする悠木に、県警記者クラブの記者から「ジャンボが消えた」という会話を聞いたという電話が入る。気にも止めずに出かけようとしたその時、テレビが第一報を伝えた。「羽田発大阪行き日航123便が消息を絶った」というのだ。
現場が群馬県側なら、地元の北関東新聞にとっては大事件であり、編集局長は一匹狼の悠木をこの報道の全権デスクに指名する。この事故をどう報道するかの全ては悠木に任されたのだ。さっそく悠木は県警キャップの佐山ら二人を事故現場に向うように指示する。そしてそれは未曽有の大事故を報道する紙面作りの始まりだった。
そんな中、親友の安西がクモ膜下出血で手術を受けていると知らせが届く。

原作は「半落ち」「出口のない海」の横山秀夫による同名のベストセラー小説。著者自らが上毛新聞記者時代に遭遇した日本航空墜落事故をもとに、地元新聞社を舞台に小説に書き上げたもので、2006年に佐藤浩市主演でNHKがドラマ化し好評を博した。この原作を「突入せよ! あさま山荘事件」の原田眞人監督が堤真一をメインキャストに映画化。共演には、県警キャップに堺雅人 、スクープを狙う女性記者に尾野真千子 といった若手を起用した反面、周りには新聞社の社長に山崎努、安西の息子に小澤征悦などの演技派を配置している。
再現された墜落事故現場は機体残骸の位置も忠実に再現されたということだが、当時はまだなかったペットボトル入りの水を飲むシーンもあり、少し雑な感じも受けた。しかし、現在の衝立岩への挑戦シーンが時折入っても、ストーリー展開のテンポが良く、臨場感や緊迫感もあり、苦悩の一週間にいつの間にか引き込まれ145分も短く感じた。
これは、原作を読んでいて人間関係が頭の中に入っていたからで、原作を読んでから見ることを是非勧めたい。
スポンサーサイト
  1. 2008/07/21(月) 17:33:20|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ヒットラーの贋札 | ホーム | てれすこ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moviepark.blog16.fc2.com/tb.php/149-c7a086e5

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。