映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

てれすこ

■てれすこ
■製作: 2007年 日本
■監督: 平山秀行
■主演: 中村勘三郎
□評価: ★★☆  Max=3

江戸太平の世、品川に住む新粉細工職人の弥次郎兵衛は、遊郭「島崎」の売れっ子花魁のお喜乃に思いを寄せている。お喜乃から病で床に伏した父親に会いので足抜けをと打ち明けられ、その画策を手伝うことに。弥次郎兵衛の幼馴染みの役者の喜多八は、忠臣蔵の舞台で大失態を演じたことから江戸には居られず、三人一緒に西へと旅に出る。そのころ、関西では万病に効能があるという「てれすこ」と呼ばれる謎の生物が現れ、珍道中の三人の前にも様々な形のてれすこが・・・

「しゃべれどもしゃべれども」で現代の落語界を描いた平山秀行監督が、今度は十返舎一九の「東海道中膝栗毛」を元に、落語の「てれすこ」「狸さい」「浮世床」などのネタを組み込み、コメディ時代劇のメガホンをとった。江戸時代の能天気な人々を中心にしたほのぼのとした話だが、豪華なキャスティングで笑いに重みを付けている。
中村勘三郎と柄本明のコンビ、お喜乃役の小泉今日子をメインにラサール石井、笑福亭松之助、淡路恵子、間寛平、藤山直美、國村隼、笹野高史などの芝居達者が周りを固める。変わったところでは山本浩司、吉川晃司、鈴木蘭々なども顔をだす。
日曜日にのんびりとストレス解消するのに適した、意外と新鮮さのある映画である。


スポンサーサイト
  1. 2008/07/20(日) 16:10:59|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<クライマーズ・ハイ | ホーム | 築地魚河岸三代目>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moviepark.blog16.fc2.com/tb.php/148-2e42dc1d

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Search