映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

築地魚河岸三代目

■築地魚河岸三代目
■製作: 2008年 日本
■監督: 松原信吾
■主演: 大沢たかお
□評価: ★★☆  Max=3

商社マンの赤木旬太郎は、同期より早く昇進し人事課長に抜擢されるが、その初仕事はリストラの陣頭指揮をとることだった。恋人の装飾デザイナーの明日香とは結婚を考える日々だったが、明日香が早朝Tシャツにジーパン姿で築地に向かって自転車で走る姿を目撃し、明日香が魚の仲卸商で働いていることを知る。仲卸の老舗「魚辰」の二代目店主の父親が、膝の手術で入院して、店を手伝っていたのだ。旬太郎は居たたまれずに「魚辰」を手伝い始めるが、足手まといになるばかり。しかし、商社勤めと違って、雑だが人間味あふれる人々が働き、活気に満ちた魚河岸に旬太郎は惹かれ始める。

築地市場で働く人々の姿を描いた鍋島雅治の同名のコミックを、『なんとなくクリスタル』で監督デビューし、暫くTV界での演出を手がけていた松原信吾がメガホンを取った。松竹では『男はつらいよ』『釣りバカ日誌』に続くシリーズ作品として、すでに続編の製作が決定している。
主演は、『世界の中心で愛をさけぶ』や『地下鉄に乗って』などで映画俳優としての地位を固めた大沢たかおで、コミカルな役どころも良く演じている。恋人の明日香役は、映画の『ゲゲゲの鬼太郎 』『山桜』やTVの『猟奇的な彼女』で売れっ子の田中麗奈だが、演技はしっかりしている。他の共演は、伊原剛志、柄本明、伊東四朗などの芸達者で周りを固めているが、森口瑤子の美しさも際立っていて良い。
みんな良い人というベタベタの人情劇だが、それだけに見た後にはホッとした感じが残った。

スポンサーサイト
  1. 2008/07/04(金) 17:24:47|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<てれすこ | ホーム | インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国>>

コメント

あったかいお話なんですね。

テレビで少しだけストーリー知っただけだったけど
キャストがいいですね~
畑違いの仕事をするって
とってもとっても大変なことよね。
愛の力が それを可能にするのかしら?^^
大沢たかおさんって 病弱なイメージだけど
元気な役もできるのね( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ
田中麗奈ちゃんは 演技が上手。
ほんわか気分になりたい時は是非見に行きたいわぁ^^
  1. 2008/07/05(土) 16:03:30 |
  2. URL |
  3. 倖 #IXfWZXME
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moviepark.blog16.fc2.com/tb.php/147-95146858

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Search