映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国

■インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
■製作: 2008年 アメリカ
■製作総指揮: ジョージ・ルーカス
■監督: スティーブン・スピルバーグ
■主演: ハリソン・フォード
□評価: ★★☆  Max=3

1957年のアメリカ。大学で考古学を教えているジョーンズ博士は、アメリカ軍人に変装したソ連軍に捕らえられ、ネバダ州にある軍施設内の機密品貯蔵庫へ連れてこられる。ソ連の工作員の拘束から逃げ延びて、どうにかインディが大学に戻る。しかし、政府は彼に共産主義者のレッテルを貼り、強制的に休職させられる。そこで知り合った反抗的で生意気な若者が、マット・ウィリアムズ。インディとマットは、米軍が墜落したUFOから回収した宇宙人の遺物「クリスタル・スカル(頭蓋骨)」を求めて、再び冒険の旅へと出る。

81年の「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」、84年の「魔宮の伝説」、89年の「最後の聖戦」に続く第4作で、19年ぶりの続編。
主要スタッフは、第1作以来顔ぶれが変わらず、監督スティーヴン・スピルバーグ、製作総指揮ジョージ・ルーカス、音楽ジョン・ウィリアムズ、製作フランク・マーシャルなど。
キャストは、主演のハリソン・フォードのほか、相棒マット役には『トランスフォーマー』のシャイア・ラブーフ、悪役のソ連軍の女性仕官にケイト・ブランシェットなど演技派が名を連ねる。マットの母親はカレン・アレンだが、「失われたアーク」ヒロイン役以来の再登場。
VFXも金が掛っていて、クオリティーが高い。ハリソン・フォードは少し老いたが、アクションはかなり見ごたえで、アドベンチャー作品としては今まで以上で、インディ祭りをワクワクしながら観るのには良い作品。

蛇足だが、インディ (Indy)は愛称インディアナ(Indiana)の略で、これは少年時代に飼っていた犬の名前。本名はヘンリー・ウォルトン・ジョーンズ・ジュニア (Henry Walton Jones, Jr.)。これはもちろん物語の上での話しだが。1899年7月1日生まれと言うから、109歳ということになる。

スポンサーサイト
  1. 2008/06/28(土) 16:35:21|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<築地魚河岸三代目 | ホーム | 転々>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moviepark.blog16.fc2.com/tb.php/146-6fc2a285

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Search