映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

待合室 Notebook of Life

■待合室 Notebook of Life
■製作: 2005年 日本
■監督: 板倉真琴
■主演: 富司純子
□評価:★★☆  Max=3

岩手の小繋駅の待合室に、 旅人が思いを綴る“命のノート”が置かれている。駅前で小さな酒屋を営む夏井和代は、書かれた悩みや苦しみに、いつしか返事を書くようになっていた。
和代はお見合いで遠野から小繋の酒屋へと嫁いだが、娘を若くして亡くし、元教師で心の暖かい夫にも先立たれて、今は一人で店を切り盛りしている。そんな和代は、人々を支え励ますためにノートへの返事を書いているが、実は和代自身がノートに支えられている。
そんなある日、吹雪の国道を歩いて来た旅人が、死を覚悟した書き込みを残す。和代はおにぎりを差し入れ、また国道を歩くという男に、夫の形見のマフラーと、食べ物を持たせる。

実際に小繋駅の待合室に置いてある「命のノート」の新聞記事がきっかけで、板倉真琴監督が自ら取材をして映画化。「一生懸命に生きる」をテーマにし、おばちゃんと旅人や地域の子供たちとの心温まる物語に仕上げている。現代のおばちゃんに富司純子、その若い頃を寺島しのぶが扮し、実の母娘の二人が映画初共演をしている。
作品は、現代を雪中の静かな空気の中での落ち着いた富司の演技で、過去を花咲く春を中心に明るい寺島の演技でと使い分けをしている。ただストーリーは、ノートに書かれた数点の物語だけで、広がりという点ではもう少しというところではないだろうか。また、寺島が妙に綺麗なメイクで、着ていてるものも田舎のおばちゃんにしてはシャレていて気になった。

スポンサーサイト
  1. 2007/12/29(土) 22:47:17|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<7月24日通りのクリスマス | ホーム | アイ・アム・レジェンド>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moviepark.blog16.fc2.com/tb.php/130-720f5252

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。