映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ラブソングができるまで

ラブソングができるまで
■製作: 2006年アメリカ
■監督:  マーク・ローレンス
■主演:  ヒュー・グラント.
□評価: ☆☆ Max=3

80年代に人気を博したグループ「PoP」のボーカルだったアレックスは、いまや元ギャルを相手に遊園地や同窓会などの余興として舞台に立つ程度。テレビ出演の話が来ても元人気者たちを集めてのバラエティに過ぎず、完全に時代から取り残されていた。
そんな中、アイドルとして席巻するカリスマ歌姫コーラから新曲の提供の話が持ちかけられる。しかし、一週間もない納期で、しかも依頼は何人もにされていて、作曲に長いブランクがあるアレックスには至難の業であった。
ある日作曲に悩んでいると、植木の水やりのバイトに来たソフィーが口ずさんだフレーズが、悩むアレックスに衝撃を与え、ソフィーにラブソング作りの手伝い迫る。最初拒絶していたソフィーをようやくパートナーとして作詞することに同意して、ふたりの活動が始まった。

ハリウッドのラブコメスター、ヒュー・グラントとドリュー・バリモアが共演したラブストーリー。監督は『トゥー・ウィークス・ノーティス』のマーク・ローレンス。
46歳のヒュー・グラントが80年代の録画シーンで20代のボーカル役として頑張ったり、持ち前のトボケで笑いを誘ったりで、明るいバリモアとの軽妙な会話も楽しめる。映画のなかで歌われるポップスは、軽快・ハートウォーミングで、このラブコメにはぴったり合ってなかなか良い。しかし、ラブストーリーとしては、シナリオが単調で盛り上がりに欠け、最初から結末が読めてしまう。また、脇のキャスティングがもう少し豪華だったらもう少し・・とも感じた。


スポンサーサイト
  1. 2007/09/29(土) 07:52:29|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<キングダム | ホーム | めがね>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moviepark.blog16.fc2.com/tb.php/122-7be34498

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。