映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

釣りバカ日誌18

釣りバカ日誌18  ハマちゃんスーさん瀬戸の約束
■製作: 2007年日本
■監督: 朝原雄三
■主演: 西田敏行
□評価: ☆☆ Max=3

鈴木建設の社長鈴木一之助“スーさん”は、創業以来社長を務めてきたが、退任をして会長職に就任することになった。そして会長への就任式に臨むが、壇上で頭の中が真っ白になってしまい言葉が出ない。そこを営業2課の“ハマちゃん”こと浜崎伝助が客席からのアドリブで救う。この式の後からスーさんは失踪してしまう。鈴木建設の重役たちが大騒ぎする中、スーさんの奥さんはハマちゃんに捜索を頼む。スーさんから鯉太郎にかかった電話番号から、岡山に居ることがわかり、ハマちゃんは病気を装い、釣竿を持って岡山に向かう。その頃、スーさんは元部下の墓参りに寄ったお寺に世話になっていた。そして、二人は、瀬戸内海を臨む美しい町で再会するが、そこはリゾート開発をめぐる騒動が勃発していて、しかもその建設を鈴木建設が請け負っていた。

シリーズのスタートから20年、20作目を迎えた“国民的シリーズ”で、今回のロケは瀬戸内海・瀬戸大橋を臨む観光地の岡山。監督は「釣りバカ日誌14」から5作目となる朝原雄三。スーさんはおなじみの三國連太郎。ヒロイン役は、『武士の一分』で鮮烈に映画デビューした檀れいで、”武士”の頃より少しふっくらした感じだが、清楚さは相変わらず。笑えるのはいいのだが、西田敏行の芝居が少しおおげさなことと、三国とともに次長役の谷啓が歳をとりすぎたのが気になる。

スポンサーサイト
  1. 2007/09/11(火) 17:54:12|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<めがね | ホーム | ブラッド・ダイヤモンド>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moviepark.blog16.fc2.com/tb.php/120-439e00bc

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。